TOP > 過去の事業 > パフォーミング・アーツ
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2020/4/1
*エイブルアート芸術大学からのお知らせ
4月11日(土)の活動は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止とさせていただきます。
5月以降につきましては、改めて判断の上お知らせいたします。
2020/3/26
*エイブルアート芸術大学からのお知らせ
3月28日(土)の活動は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止とさせていただきます。
4月以降につきましては、改めて判断の上お知らせいたします。
2020/3/3
*スキンケア&メイク講座からのお知らせ
3月8日(日)にハーバー銀座館で予定しておりました<もっと輝く!スキンケア&メイク講座「チャレンジコース」>は、新型コロナウイルスの影響を鑑み、中止とさせていただきます。
ご了承のほど、お願いいたします。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

エイブル・アート パフォーミング・アーツ プロジェクト

エイブル・アート・ジャパンでは、障害のある人の演劇やダンス、音楽などパフォーミング・アーツ(舞台芸術)のプロジェクトを2003年から本格的に開始しました。
障害のある人の表現活動は、美術の分野でさまざまな取り組みがみられるようになってきましたが、パフォーミング・アーツの分野はまだ発展途上にあるといえます。
そこで、2003年に「エイブル・アート舞台人養成講座」を全国5都市(仙台、東京、金沢、近畿、福岡)で同時に展開し、障害のある人の表現の可能性や多様性を発見し、それに関わる人たちのネットワークを広げる取り組みを行いました。
さらに2004年からは、明治安田生命社会貢献プログラム「エイブルアート・オンステージ」として、さらに大きなプロジェクトへと進化しました。全国各地のパートナーを公募し、グループごとにオーディションを実施、ワークショップやレッスンを重ね、地元公演を開催するまでをサポートします。さらに選考を通過したグループは、東京公演で発表する機械が提供されます。この東京公演には海外のダンスカンパニーや劇団が毎年1グループ招聘されます。
こうした取り組みをこれから5年間かけて実施していきます。障害のある人の可能性がひろがるばかりでなく、舞台人にとっても刺激的なプロジェクトになると確信しています。みなさんのご参加をお待ちしています。

・2008年度の取り組み
 -明治安田生命社会貢献プログラム  エイブルアート・オンステージ コラボ・シアター・フェスティバル
 -インクルーシブアートを通して考える舞台芸術の可能性 -ワークショップ&シンポジウム-
・2007年度の取り組み
 -明治安田生命社会貢献プログラム エイブルアート・オンステージ日英共同企画「飛び石プロジェクト公演」
 -明治安田生命社会貢献プログラム  エイブルアート・オンステージコラボ・シアター・フェスティバル
・2006年度の取り組み
 -明治安田生命社会貢献プログラム  エイブルアート・オンステージ コラボ・シアター・フェスティバル
・2004年度の取り組み
 -明治安田生命社会貢献プログラム「エイブルアート・オンステージ」
 -特別ワークショップ2004「からだ・ボイス・であいのワークショップ」
・2003年度の取り組み
 -障害のある人のアクターズスクール全国展開事業エイブル・アート舞台人養成講座2003
 -エイブル・アート舞台人養成講座2003・特別セッション「障害のある人の舞台表現の可能性:チョーズンパワー(香港)の取り組みから」
 -エイブル・アート舞台人養成講座2003・特別ワークショップ「和の心再発見 私のこころとからだの気づき」
R&J   エイブルアートオンステージ
舞台「R&J」 ロミオとジュリエット   エイブルアート・オンステージ