TOP > 鑑賞支援 > 鑑賞支援とは
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2021/04/13
*東京事務局開室日のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京事務局は在宅業務を基本とし、開室日は次の通り(予定)といたします。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
4/8(木)、4/15(木)、4/22(木)、4/30(金) 11:00~17:00
●閉室時のご連絡方法
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。
●宅配便や郵便物のお送りについて
お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

鑑賞支援とは

アートをすべての人に開くためにさまざまな鑑賞支援プログラムを実施しています。視覚に障害のある人との言葉による美術鑑賞プロジェクト「ミュージアム・アクセスグループ・MAR」、さまざまな障害のある人、高齢の人、乳幼児連れ、日本語以外を母語とする人などとミュージアムの新しい関係性を考え提案する「みんなの美術館プロジェクト」、聴覚障害のある人の美術鑑賞プログラムを考える「美術と手話プロジェクト」などを行っています。

MAR   みんなの美術館   美術と手話プロジェクト
ミュージアム・アクセス・グループ [MAR]   みんなの美術館プロジェクト   美術と手話プロジェクト