TOP > エイブル・アート・ジャパンとは
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2020/10/26
*NPO法人エイブル・アート・ジャパン/エイブルアート・カンパニー東京事務局について
新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、スタッフを在宅勤務としています。 この期間は「A/Aギャラリー」も閉室させていただきます。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
●期間:2020年4月10日(金)~当面のあいだ
●11月の開室日:10/29(木)、11/5(木)、11/12(木)、11/20(金)、11/26(木) 11:00~17:00(変更する場合もあります)
●ご連絡の方法
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。
・法人へのご連絡の際は、以下にお願いいたします。
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
●宅配便や郵便物のお送りについて
開室日(=受取可能日)が限られていますので、お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

エイブル・アート・ジャパンとは

エイブル・アート・ジャパンは、「社会の芸術化、芸術の社会化」をキーワードに活動するNPO法人です。

アートには、人が生きるのをたすける力があります。

アートには、ちがいをこえて、人と人をつなぐ力があります。


わたしたちは1995年から「エイブル・アート・ムーブメント(可能性の芸術運動)」を提唱し、アートの可能性や人間の可能性を再発見する活動をすすめてきました。

NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、この活動をすすめるために、全国各地の協働者により生まれました。

障害のある人をはじめ、生きにくさを抱えている人たちと共に、障害の種別や有無をこえて、次の活動を実践します。

  • 芸術文化活動を通して、自らを自由に表現する場やしくみをつくり、より多くの選択肢の中から豊かな生き方を発見することをサポートする。

  • 作品を発表する環境や販売する環境を整える。

  • 美術作品や舞台芸術作品などにさまざまな手段を用いてアクセスするための機会と環境を整える。

アートを通して、だれもが豊かに生きることのできる社会を実現したいと考えています。

主な事業

障害のある人たちが表現活動を通じて、生きる尊厳を獲得すると同時に、障害のある人たちのみずみずしい感性あふれる表現活動を通じて、社会に新しい芸術観や価値観を創ることを目的に、以下の活動を展開しています。

(1) A/A gallery(ギャラリー)事業
(2) A/A shop(ショップ)事業
(3) エイブルアート・スタジオ事業
(4) エイブルアート・カンパニー事業
(5) 鑑賞支援事業
(6) 企画制作事業
(7) 調査研究事業
(8) 出版事業
(9) 助成事業
(10) その他