TOP > トピック一覧
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2021/11/1
*東京事務局開室日のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京事務局は在宅業務を基本とし、開室日は次の通りといたします。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
・11/4(木)、11(木)、19(金)、25(木)
11:00~17:00
*変更する場合があります
●閉室時のご連絡方法
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。

●宅配便や郵便物のお送りについて
お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

トピック一覧

others
2021/11/1

【情報発信協力】
みんな北斎、新たなスタートのお知らせ
ワークショップ「影絵であそぼう!」
11月6日(土)
すみだ生涯学習センター ユートリヤ
※12月にはワークショップの様子をドキュメント映像にして公開予定です。
北斎が生きたすみだから新しい障害者アートの波を起こそうと、全国公募展や漫画家のしりあがり寿氏を監修に迎えたアニメーション制作を行ってきた「みんな北斎プロジェクト」。2021年度からは墨田区の主催事業から「すみだクリエイターズクラブ」のメンバーを主体とした、より地域密着で継続的なプロジェクトへと移行しました。
これからのプロジェクトにも是非ご注目ください!
project
2021/9/28

【中間報告】
ITを活用して障害のある人の生涯学習の機会を広げています
障害のある人の生涯学習の場を提供している「スウプノアカデミア」では、日本NPOセンターが実施するファーウェイ東日本大震災IT復興支援プロジェクトの支援を受けてITの専門家が参画し、①障害のある人自身のオンライン参加、②参加者へのコミュニケーションツールの導入、などが実現しました。
文科省の委託事業と民間のIT支援プロジェクトを組み合わせて、より効果的な事業になるよう工夫しています。
また、支援プロジェクトの中間報告冊子(画像)には、宮城県在住の國分悠太さんのイラストが使用されました!
company
【MHDアーティスト奨学金プログラム】2021年奨学金受賞者決定
2021/9/28

【MHDアーティスト奨学金プログラム】
受賞者による報告展覧会
10月22日(金)10:00-18:00(予定)
神保町三井ビル1F北エントランスホール

法人会員でありCSR活動のパートナーとして協働しているMHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社による、障害のあるアーティストの奨学金プログラム。
2020-2021年度の受賞アーティスト計8名の、奨学金を受けて制作された作品を中心に近作も合わせて展示します。
お近くにお出かけの際はどうぞお立ち寄りください!
※一般公開の他、全国6箇所のMHDオフィスでの展示や、アーティストと社員とのオンライン交流も予定されています。
company
2021/7/31

【コラボ11周年】
エイブルアート・カンパニー登録作家の作品が、特別な夏にぴったりのプリントソックスに!
靴下メーカーTabioの特設サイトにて「Able Art Company×Tabio」のプリントソックスをご紹介いただいています。今年は「オリンピック・パラリンピック」と「JAPAN」をテーマに7柄を展開!
Tabioソックスとのコラボレーションは今年で11年目を迎えます。
熟練の職人によって編まれる上質な靴下と、アーティストのユニークな作品の組み合わせは、毎シーズン大好評。特別な夏にぴったりな靴下をぜひチェックしてください。
project
2021/8/31

【スウプノアカデミア】
せんだい・まなびやネットワーク構築モデル事業はじまります!
多様な専門家と連携し、障害のある人の生涯学習の機会を拡大させ、様々な地域で参加できる「まなびや」を広めることを目指すプログラムです。
文科省令和3年度「学校卒業後における障害者の学びの支援に関する実践研究」に採択されました。
「インターネットとじょうずにつきあおう」や「地震・洪水にあったらどうするの?」などいろいろなテーマで"まなびや"を開催します。
プログラムの詳細はSOUPウェブサイトから発信しますので、ぜひご参加ください。
company
2021/6/28

【MHDアーティスト奨学金プログラム】
2021年奨学金受賞者決定
法人会員でありCSR活動のパートナーとして2017年から協働しているMHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社による、障害のあるアーティストの奨学金プログラム。
2月に実施した社員投票を経て、2021年の受賞者が次の通り決定しました。
YOUさん(大阪府)、そうみさん(千葉県)、藤田望人さん(大分県)、宮本憲史朗さん(神奈川県)
4月15日にオンライン開催された授賞式では、2020年奨学生のSeiyamizuさんが受賞後の活動報告を行いました(バナー画像は報告会で披露されたもの)。
4名の受賞者による作品発表は秋頃に予定しています。お楽しみに!
project
2021/5/31

【アニメですみだ!】
しりあがり寿さんと多彩なゲストによるトークを公開!
「みんな北斎」公式サイトに3種のトークを公開しました!
活動の意義をたっぷりと振り返り、これからに継承していくための宝物のような言葉や視点が満載です!
第1回「アーティストとの協働から見えるもの」 ゲストに音楽家の大友良英さん、第2回「アニメーションの可能性」ゲストに批評家プロデューサーの土居伸彰さん、第3回「福祉施設で創作活動をする意味」ゲストにデザイナーの關真由美さん他。
project
2021/6/28

【募集開始】
仙台市文化プログラム「SHIRO Atelier&Studio」はじまります!
◎みんなでつくるよ広場の人形劇! 〜身近な材料で人形劇をつくるスタジオ
[1] 7月10日(土)、[2] 8月8日(日)、[3] 11月20日(土)、 [4] 2022年1月15日(土)、[5] 2月19日(土)
◎アトリエつくるて 〜作品をつくって見合うアトリエ
[1] 6月27日(日)、[2] 9月18日(土)、[3] 10月30日(土)、[4] 12月25日(土)、[5] 2022年1月22日(土)
はじめての方も大歓迎!!
障害のある人とない人がともに表現することができる、アトリエ&スタジオ事業を実施します。どなたでも参加できます。
詳しくはSOUP(東北事務局)のホームページをご覧ください!
others
2021/5/24

【会員の皆様へ】
NPO法人エイブル・アート・ジャパン
第11回通常総会のご案内
6月19日(土) 14:00-16:00
オンラインミーティングシステムZoomにて
◆大切なお願い
総会は正会員の2分の1以上の方の出席(委任状を含む)が必要です。議案書を5月24日に郵送しましたので、内容をご確認のうえ、6月19日(月)までに必ず出欠(ご欠席の場合は委任状または書面評決)のご返信をお願いいたします。
◆返信方法:
同封のはがき、またはこちらのフォームからご返信ください
project
2021/5/31

【報告】
COOPトリプルカード みやぎスマイル基金 助成活動報告
福祉施設の雑貨カイゼン勉強会と実践販売「ひだまりのギフト展」を実施完了いたしました。ご支援いただいたみなさまに御礼申し上げます。
<1年を通じて行われた勉強会(全7回)には10個人団体、販売会には14個人団体が参加しました。事業の目的、実施内容、成果と課題は詳細をご覧ください。
award
2021/5/31

【報告】
UNICOLART基金による応援先・活動レポート公開
株式会社フェリシモによる「UNICOLART基金」。
障害のある人たちによる作品を使用した商品購入の際に、お客様からの寄付が基金として積み立てられています。
2020年はコロナ禍、障害のある人たちの創作活動を維持するために奮闘する任意団体2か所を推薦しました。
詳細はフェリシモの次のウェブサイトをご覧ください。

C-factory
あーとスタジオ源
project
2021/5/31

【報告】
東北事務局2020年度「障害者芸術文化活動支援業務」と「仙台市文化プログラム」
2020年度は、宮城県の支援業務として「SOUPの研修」や「オンライン見本市」、また仙台市文化プログラムとして3年目の人形劇やアトリエ活動に取り組みました。
新型コロナウイルスの影響下で、オンラインを中心に試行錯誤したレポートをぜひご覧ください。
project
2021/4/13

【アーカイブ動画公開中!】
きいて、みて、しって、オンライン見本市。
2月7日(日)-9日(火)に開催した「障害のある人と芸術文化活動」に関する多様な個人・団体・活動を紹介する見本市。
プログラムの一部を、アーカイブ動画として公開しました。見逃した方も、もう一度ご覧になりたい方も、SOUP(東北事務局)ホームページからぜひどうぞ!
▼かたるSOUP:作品をかたる、制作風景をかたる。宮城発のアーティストトーク。
▼ひらけSOUP:宮城の団体が県外の活動実践者と話をするクロストーク。
▼みんなでつくるよ!広場の人形劇:宇宙や海のなかで、嬉しかったこと、悲しかったことを話はじめる人形たち。
viewing support
2021/4/13

【レポート】
東京都写真美術館ボランティア研修会の講師を担当
東京都写真美術館のボランティア研修会において、美術と手話プロジェクトのメンバーが講師を担当しました。
オンラインでの開催となりましたが、22人の参加者が「共に楽しむコミュニケーションの工夫」を考えあい、終了後のフリートークが1時間以上も続く、双方向的で熱気ある内容になりました。
ぜひ、詳しいレポートをご覧ください。
project
2021/4/13

【アニメですみだ!】
3年間のプロジェクトが完結!そして、新しい形へ。
「自分が描いたものが動き出すってすごいと思いません?」──障害の有無にかかわらない表現活動の機会を生み出そうと、漫画家のしりあがり寿さんを監修に迎え、墨田区の区民やクリエイターと協働してきた「アニメですみだ!」。2020年度は、地域での上映会やドキュメント映像「3年間のものがたり」の制作をしました。プロジェクトの完結にあたり、その意義を考えるトークイベントも、後日配信予定!
2021年度からは墨田区民中心の運営体制にバトンタッチして、自由な北斎マインドをもって活動を続けます。公式サイトで、ぜひ今後のお知らせをチェックしてください!
company
2021/4/13

【展覧会開催中】
JAGDAつながりの展覧会
パラチャリティ
4月2日(金)-29日(木祝) 11:00–19:00
東京ミッドタウン・デザインハブ(六本木)
入場無料
 オンラインギャラリーツアー
 4月23日(金) 19:30-20:15
カンパニーアーティストの作品をもとにして、JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)が手掛けてきたマスキングテープ、タンブラー、ハンカチの展示販売です。
オンラインでの購入や、アーティストが出演するギャラリーツアーも。収益はパラアスリートの支援にもつながります。ぜひ楽しんでください!
project
2021/4/13

【報告】
令和2年度 障害者芸術文化活動普及支援業務@宮城
宮城県で実施した「障害者芸術文化活動普及支援業務」のご報告です。
オンラインで実施した研修のレポートや、アクセシビリティに配慮した「オンライン見本市」の舞台裏レポートなど、ぜひご一読ください!
リンク先では、宮城県の支援センターとしての次のような活動を報告しています。
1)相談支援事業
2)人材育成事業「SOUPの研修2020」
3)展示会「きいて、みて、しって、オンライン見本市。」
4)その他、宮城県内の活動支援に係る取組
project
2021/4/13

【報告】
2020年度 仙台市文化プログラム
仙台市文化プログラム《SHIRO Atelier&Studio-ともにつくる芸術劇場-》は、障害のある人とない人がともに表現することができるアトリエ&スタジオ事業です。
作品をつくって、観賞しあう「アトリエつくるて」。
日常にあるものから人形劇をつくり上げる「みんなでつくるよ広場の人形劇」。
新型コロナウイルスの影響下でどのように集ったのか、実施3年目ならではの場のあり方など、オンライン実施を含む全10回のレポートをご覧いただけます。
others
2021/4/30

【求人】
NPO法人エイブル・アート・ジャパン 東北事務局 スタッフ募集!
この度、東北事務局で着手した新たな活動を充実させるため、新規スタッフを募集します。
今はまだ社会にない仕組みの開発や発展途上の領域に積極的に関わり、ご自身の探求心と能力を社会に生かしたいと考える方のご応募をお待ちしています。

応募締切:2021 年 5月 21日(金)
詳細をご覧ください。
project
【期間限定!アーカイブ動画公開中】アクセスアート・オンライン報告会
2021/4/13

【期間限定!アーカイブ動画公開中】 アクセスアート・オンライン報告会
〈いつでも、どこでも、誰でも〉自由に豊かな文化的体験ができる環境づくりを目指してミュージアムなどの文化施設と障害のある人や支援者をオンラインでつなぐ試行事業を実施しました。
* 3月21日に開催した報告会のアーカイブ映像(どちらも字幕付き)は4月30日で公開を完了しました。
公益財団法人パブリックリソース財団コロナ給付金寄付プロジェクト「福祉・教育・子ども分野助成基金」
project
2021/3/12

【参加者募集】
アクセスアート・オンライン報告会
〈いつでも、どこでも、誰でも〉自由に豊かな文化的体験ができる環境づくりを目指して
3月21日(日)14:00-16:00
オンライン開催(Zoomウェビナー)
参加無料(通信費等は自己負担)
定員100名(要申込)
ミュージアムなどの文化施設と障害のある人や支援者をオンラインでつなぐ「アクセスアートプログラム・オンライン」試行事業。
オンライン鑑賞プログラムの可能性などを探ってきた本事業の報告会を行います。
公益財団法人パブリックリソース財団コロナ給付金寄付プロジェクト「福祉・教育・子ども分野助成基金」
project
2021/3/12

【報告】
アクセスアート・オンライン試行事業の一部を紹介!
2020年度、各地の文化施設や障害のある人たちのグループと共に取り組んできた「アクセスアートプログラム・オンライン」試行事業。
第1段階で実施したオンライン勉強会と第2段階で実施したオンライン鑑賞会についてのレポートを掲載しました。
3月21日の報告会では、さらに詳しく紹介します。

公益財団法人パブリックリソース財団コロナ給付金寄付プロジェクト「福祉・教育・子ども分野助成基金」
project
2021/3/12

【アニメですみだ!】
これまでの活動を知ることができる「3年間のものがたり」映像公開!
3月15日(月)より
Youtubeの墨田区公式チャンネルにて
3年間で3本のアニメーションを制作してきた「アニメですみだ!」を関係者インタビューとドキュメントで総括します。
インタビューには本プロジェクト監修者で漫画家のしりあがり寿さんとワーショップ参加校の小学生や先生が登場!制作過程や作品に対する想いを語ります。
トークイベントも配信決定。しりあがり寿さんとゲスト(ニューディアー代表 土居伸彰さん他)を迎え、多様な角度からプロジェクトの意義を考えます。
詳細は公式サイトの「ニュース&レポート」をチェック!
project
2020/11/26

【レシピ集公開!】 障害児者が参加するアトリエ&スタジオ オンライン試行事業
新型コロナウイルスの影響で、芸術文化活動の場に参加することができなくなった障害のある人たちが、自宅待機や外出制限の状況下でも創作活動を行うには?
オンラインアトリエを試行した全国6団体・4個人との取り組みをレシピ集として公開しました。
どうぞご活用ください!
(TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム)
others
2021/3/12

【オンラインサロン】 いのち・くらし・しごとのあり方に向き合う今。”生の声”をご視聴ください。
社会に生まれる新たな‘障害’とは?
福祉施設、非営利のオープンアトリエ、フリーランスの障害のある作家たち……。
当事者とその周辺のコミュニティが自らの今、戸惑い、そしてミライへの想いを発信しています
これまで配信したサロンは、すべてAAJのFacebookページ(ログイン不要)でアーカイブとしてご覧いただけます。
viewing support
2021/1/26

【レポート】
長野県信濃美術館で「アート・コミュニケータ基礎講座」の講師を担当
美術と手話プロジェクトでは、今年4月にリニュアルオープンに向けて「アート・コミュニケータ」の活動準備を進めている長野県信濃美術館の依頼を受け、障害のある当事者が養成講座の講師を担当しました。
春から多様な人たちと接するアート・コミュニケータの皆さんと、聞こえない人/聞こえにくい人が社会や美術館と関わる上での課題やアイデアを共有し、熱のこもった1日になりました。
ぜひ、詳しいレポートをご覧ください!
project
2020/12/28

【アーカイブ配信中】
きいて、みて、しって、オンライン見本市。
2月7日(日)ー9日(火) 10:00-16:00
参加無料(通信費等は自己負担)
「障害のある人と芸術文化活動」に関する多様な個人・団体・活動を紹介するこの見本市。
今年は、オンラインでの開催となります。
表現する人たちの様子を知りたい、芸術文化活動の機会や場を探している、活動の相談先を探しているなど、次の一歩を踏み出すヒントとなれば幸いです。
アーティストトーク、宮城×全国の活動クロストーク、学びと芸術文化のフォーラム、人形劇上演など盛りだくさん!
project
2021/1/26

【試行事業実施中】
アクセスアートプログラム・オンライン
ミュージアムなどの文化施設と障害児者や支援者をオンラインでつなぎ、文化芸術への新しいアクセスを探る試みです。
2月には、①京都(見えない人と見える人)、②徳島×高知(発達障害のある人・感覚過敏の人)、③水戸(高齢の人・異なる文化的背景を持つ人)との活動を実施。
3月にはオンラインでの成果報告会を予定しています。お楽しみに!

公益財団法人パブリックリソース財団コロナ給付金寄付プロジェクト「福祉・教育・子ども分野助成基金」
others
2021/1/15

【雑貨とお菓子に心を込めて】
アナタとワタシをつなぐモノ。
ひだまりのギフト展
1月27日(水)-3月13日(土) 日・祝休
小物と焼菓子のお店エフブンノイチ
(仙台市青葉区/地下鉄勾当台駅から徒歩約7分)
バレンタインとホワイトデー、はなむけと出会い、日頃の感謝とねぎらい。
春が聞こえてくるこの季節に、想いをつなぎ、馳せる、大切なギフトを提案します。
project
2020/12/28

【アニメですみだ!】
浅草エキミセ大型ビジョンでPR中! &墨田区役所で展示上映をしました
東武スカイツリーライン浅草駅浅草エキミセの大型ビジョンで、15秒のPR映像を3月末まで上映しています!
また、2020年12月7日(月)〜9日(水)、墨田区役所1Fアトリウムにて2019〜2020年の活動を紹介する展示を行いました。
アニメーション作品の上映、活動紹介パネル展示の他、ワークショップから生まれた惑星のオブジェや主題歌の楽譜、キャラクター達の原画などを展示。
感染症対策のため中止となった昨年度の展示報告会の代わりに、地元の方々にプロジェクトの様子を直接お伝えする機会になりました。
詳細レポートもぜひご覧ください!
project
2020/11/26

【アンケート結果公開中】
障害児者の参加するアトリエ&スタジオにおけるオンライン化の課題等を調査しました
新型コロナウイルス感染症の拡大による、障害児が参加するアトリエ&スタジオにおける課題のみえる化をめざしアンケートを実施しました。
調査の集計結果をPDFファイル(全18ページ)で公開いたしました。
ご協力いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。
【アンケートの種類】
A.オンライン試行事業 参加者アンケート(実施前)(実施後)
B.障害児者が参加するアトリエ&スタジオに関するアンケート
【アンケート実施期間】
2020年7月31日~8月31日
others
2020/11/26

【会員情報発信協力】
「コロナ禍を契機とした障害のある人との新しい仕事づくりの調査」にご協力ください!
所要時間:20〜30分(6項目)
受付期間:2021年1月10日(日)まで

たんぽぽの家「Good Job! Project」では、新型コロナウィルスの影響下でも、障害のある人の創造性を活かす工夫やアイデアで、活動が発展したり新たな事業が生まれたりした事例についてアンケート調査を行っています。
調査結果はWEBや冊子を通して全国に発信し、障害のある人の社会参加や仕事づくりに広く役立てたいと考えています。
ぜひご協力をお願いいたします。
(日本サードセクター経営者協会「NPO等が新しい活動様式を生み出す事業」助成)
others
2021/1/1

【謹賀新年】
天空で地蔵様にお会いした牛。
「モー早く普通の暮らしをお与え下さい」
やさしさと祈りとユーモアのこころとを持って活動する一年にしたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。 東北リサーチとアートセンター(TRAC)
年末年始休業
東京事務局・東北事務局
2020年12月28日(月)-2021年1月3日(日)

イラストと牛のセリフ:ウルシマトモコ
others
2020/10/26

【会員情報発信協力】
兵庫県立美術館王子分館に障害者アート常設ギャラリーオープン、記念展開催中
パラダイムシフト
[前期]アクリルアート展 10月20日(火)-12月3日(木)
[後期]マイクロキャンバス展 12月5日(土)-1月17日(日)
原田の森ギャラリー(兵庫県立美術館王子分館)
本展は、原田の森ギャラリーに常設の障害者アートギャラリーがオープンすることを記念したものです。
「パラダイムシフト」は、修正不可能な過去の歴史や過ちに屈せず、未来をあるべき姿に変えていけるような機会となるよう願って企画されました。
project
2020/10/26

【アニメですみだ!】
すみだパークシネマフェスティバルに参加しました!
9月27日(日)に墨田区の野外シネマイベントにて「アニメですみだ!」の全3作品が上映されました。
「すみだパークシネマフェスティバル」はスカイツリーを臨む隅田公園で開催された家族で楽しめる野外シネマイベントです。 総勢300名が集った当日の様子は、みんな北斎プロジェクトのWEBサイトでご覧ください。
project
2020/10/26

【SOUPの研修 参加者募集中】
オンライン上で全国のアトリエを訪問!
こころはいつでも探求できる。さぁ、学びの旅にでよう。
[A]11月13日(金)ミナトマチファクトリー/長崎
[B]11月19日(木)工房集/埼玉
[C]11月30日(月)NPO法人スウィング/京都
要申込み・参加費無料
今年度の研修はオンラインでの実施となりました。
この機会を生かし、交流と越境をテーマに県外の先進事例から学ぶ機会を企画しました。
ご参加お待ちしております!
※宮城県在住・在勤・在学の方の申込み優先
others
2020/9/28

【アートパラ深川 おしゃべりな芸術祭】 カンパニーからも多数出展、カミジョウミカさんの作品がメインビジュアルに採用!
2020年秋、9日間にわたり、江東区・深川(門前仲町、清澄白河、森下)の街全体が美術館になるアートイベントが行われます。
エイブルアート・カンパニーからも150点以上の作品が出展します!
期間:11月15日(日)〜23日(月・祝)
障害のある人もない人も、地元の子どもたちも参加するアートイベントです。
深川の街を訪れる人だけでなく、オンラインでも楽しめる仕組みがたくさん!
詳しくはウェブサイトをご覧ください。
company
2020/10/26

【第1回報告会を実施】
MHD スカラシップ プログラム
法人会員でありCSR活動のパートナーとして2017年から協働しているMHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社による「MHDスカラシッププログラム」。
アーティストのさらなる活躍を支援するプログラムで、10月14日(水)に第1回目の報告会をオンラインで行いました。
MHD社員も選考に関わってスカラシップに選ばれた4名のカンパニーアーティストのうち、新しいチャレンジで作品を完成させた太田宏介さん、須田雄真さんが活動を報告、40名以上の社員と交流を深めました。
project
2020/10/16

【写真展開催!】
SHIRO Atelier&Studio「ともにつくる芸術劇場」(2020年度仙台市文化プログラム )
10月12日(月)ー11月13日(金)
9:00-18:00(土日祝は休館)
最終日は13:00まで
定禅寺ギャラリー(仙台市青葉区国分町3-4-33 仙台定禅寺ビル1階) 入館無料
2018年にスタートした「ともにつくる芸術劇場」。
参加者一人ひとりの動機や想いに寄り添って、表現の世界を一緒に広げ、深めてきました。
ときに、笑い・驚き・泣きながら…。まるで、ここは生きた〈芸術劇場〉のよう!
竹中工務店さんのご尽力により開催することになった写真展。美しく色づく定禅寺通りのケヤキ並木を散歩しながらお立ち寄りください。
others
2020/9/28

【ご支援のお願い】
寄付サイト「Give One」がリニュアルしました
新しくなった「Give One」にて、引き続きエイブル・アート・ジャパンのプロジェクトに対するご寄付を受け付けています(寄付控除制度あり)。
アトリエ活動のレポートを掲載しました!
・エイブルアート・スタジオの〈アフターコロナ〉の活動を支援
・エイブル・アート・アワードで、創作環境が十分ではない個人や小さなアトリエを発掘し可能性を支援
・東日本大震災復興支援活動 Good Job!東北プロジェクトで、障害者福祉施設のネットワークづくりや仕事の開発を支援
project
2020/6/29

【アニメですみだ!】
障がいのある人もない人もみんなで作ったアニメをウェブで公開中!
「みんな北斎」ウェブサイトからYouTubeでご視聴ください。
ウェブサイトにはキャラクター情報やテーマ曲の楽譜なども追加しました!
原案は漫画家しりあがり寿さん。
小学生が作詞作曲したテーマ曲、中学生が描いたキャラクター、地域イベントで生まれた惑星のオブジェなどがアニメーションに!
制作の様子を記録したドキュメント映像も必見です。
company
2020/9/28

【東京新聞に記事掲載!】
「新しい日常」に使える、エイブルアート×TOYOTAコラボスタンプ!
トヨタ自動車とエイブルアート・カンパニーのコラボレーションLINEスタンプが7月13日に発売されました。
「テレワーク」「密です!」など、新型コロナウイルス感染症予防にも役立てられるLINEスタンプです。
採用アーティストは木村昭江さん、売上の一部は障害のある人の活動に寄付されます。
LINE STOREからぜひご購入ください。
project
2020/9/28

【東北事務局より】
アトリエ&スタジオの参加者募集中!活動の様子もレポート中!
●オープンデイ「なんでも相談日」
11月21日(土)
●みんなでつくるよ広場の人形劇!
11月7日(土)/2021年1月9日(土)
●アトリエつくるて
10月11日(日)/12月13日(日)/2021年1月16日(土)
仙台市文化プログラム「SHIRO Atelier & Studio」で実施中の、みんなでつくる人形劇の「スタジオ」、となりの人と作品を見せ合う「アトリエ」。参加者も随時募集中!
活動の様子は、SOUPのウェブサイトからご覧いただけます。
viewing
2020/6/29

【美術と手話プロジェクト】
美術館関係者のみなさんに向けた「手引き」が完成!
「美術館における聴覚障害者の鑑賞環境整備事業」と称して美術分野の手話通訳者養成プログラムの開発に着手(文化庁助成)。
聴覚に障害のある人、美術館学芸員、手話通訳者が一堂に会して実施した「課題抽出会議」やこれまでの活動体験をもとに、鑑賞環境整備の視点を「手引き」にまとめました。
PDFファイルとして公開していますので、どなたでもご覧ください。
others
2020/9/1

【会員情報発信協力】
発見、出会い、学び、交流の旅「Good Job! Travel」参加者募集
[日程]10月3日(土)-4日(日)
[旅行内容] 奈良の福祉とものづくりの生態系をめぐる旅
全国の福祉施設のものづくりやアート活動をリードする、GoodJob!センター香芝、たんぽぽの家アートセンターHANAを訪問。
「障害のある人と創造的な仕事をつくる」現場を見学します。
また、奈良を拠点にものづくりを行う工房やギャラリーを訪ね、「奈良という土地で暮らし、つくり、伝えること」を体感します。
project
2020/8/28

左記事業の一環として、障害児者の参加するアトリエ&スタジオを対象とした緊急アンケートを実施しています。
手の届きにくい支援ニーズを見極め、試行内容に反映させるとともに、全国各地にある「障害者芸術文化活動支援センター」をはじめ全国へ情報発信&提言します。
アンケートの回答はこちらから
(8月31日(月)まで=延長しました)

詳細ページでは、4月に独自に実施したアンケートのまとめを掲載しています。
2018年度、仙台市文化プログラムとして実施した「アトリエしろ」には、障害のあるなしに関わらずたくさんの方にご参加いただきました。
このアトリエ活動を通じて生まれた作品と、参加者の写真とことばとを展示します。
ぜひご覧ください。
project
【注目事業】障害児者が参加するアトリエ&スタジオ オンライン試行事業
2020/8/28

【注目事業】
障害児者が参加するアトリエ&スタジオ オンライン試行事業
新型コロナウイルスの影響で、芸術文化活動の場に参加することができなくなった障害のある人たちが、自宅待機の状況下でも創作活動をスムーズに行うには?
オンラインツールの活用支援を含めたオンラインアトリエ活動を試行し、必要とされる支援環境のあり方を社会へ提案&発信する事業です。(Tiktok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム)
事業は、宮城・東京・石川・岐阜・大阪・長崎の6団体と、福島・千葉・長野・岐阜・大阪の6個人の協力と参加のもとで実施します。
開示可能な情報については随時Facebookページで発信、実践内容は9月に公開予定(8月末から延期)!
company
2020/6/29

【エイブルアート・カンパニー】
第12期アーティスト6名がデビュー!
公募により選ばれた新規アーティスト6名の作品186点を公開しました!
カンパニーアーティストは総勢119名、登録作品総数13,347点となりました。
全作品は「Art Works アーティストと作品 」よりご覧いただけます。
また、使用の実績の一部を実績紹介のページで公開しています。
使用をご希望の方はお気軽にお問合せください。
project
2020/6/29

【東北事務局より】
アトリエ&スタジオをオンラインで実施しました!
仙台市文化プログラム「SHIRO Atelier & Studio」の一環として、オンラインによるアトリエ、スタジオの試行事業を実施しました。
新型コロナウィルスの影響下での活動を模索するための初めてのオンライン開催で見えてきたこととは?
詳細はSOUPのウェブサイトから「スタジオ人形劇」「アトリエつくるて」オンライン試行事業[報告レポート]をご覧ください。
others
2020/6/29

【会員のみなさまへ】 2020年度通常総会をオンラインで実施しました。
宮城、千葉、東京、埼玉、奈良、大阪の各地から会員、ボランティア、スタッフが参加しました。
電磁的な方法によるはじめての試みでしたが、各地のプロジェクトスタッフによる活動紹介が好評でした。
【開催記録】
6月27日(土) 14:00-16:00、オンラインミーティングシステムzoomにて 2019年度の事業報告(案)と活動計算書_決算(案) 2020年度の事業計画(案)と活動計算書_予算(案) を承認いただきました。
project
2020/6/29

【注目事業】
TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム
自宅待機の状況下でも創作活動をスムーズに行うには?
オンラインツール活用のサポートやオンラインアトリエのあり方を試行し、社会へ提案&発信する事業です。
障害児者の参加するアトリエへのアンケート調査と国内5個人・5団体との試行事業を実施します。
詳細は随時、Facebookページやウェブサイトでご報告します。
others
2020/5/29

【メルマガ登録案内】
メールマガジン「エイブル・アート ニュース」配信について
楽しいビジュアル満載でリニュアル!
メールマガジン「エイブル・アート ニュース」が新たな配信サービスに移行しました。
再登録および新規登録をご希望の方は、次のフォームよりメールアドレスをご登録ください(無料)。
メルマガ登録
others
2020/5/29

【会員情報発信協力】
「IoTとFabと福祉」国際シンポジウムの講演録と動画を公開
(一財)たんぽぽの家主催・2020年2月1日に日本科学未来館で開催した「IoT, Fab, and Community Well-being」の様子を、冊子と動画にまとめ、情報公開しました!
3Dプリンターに代表されるものづくり「Fab」、これまで出会わなかった物事をつなぐ「IoT」など、これから身近になっていく技術とともに、私たちはどんな暮らしや社会をつくっていきたいのでしょうか。
イスラエルとイギリスの取り組みから、これらに対する考えと具体策を討論しました。
Webサイトから講演録全編と報告書PDFをご覧いただけます。
company
2020/5/29

【オンラインで活動中】
HUMORA on lineと"MT ART PROJECT"
エイブルアート・カンパニーでは障害のある人のアートなど、「ユーモラ」あふれる一瞬をinstagramに投稿してつながっていく「HUMORA on line」の活動をスタート!
また、カモ井加工紙株式会社様からご依頼いただき制作したマスキングテープアート作品が「MT ART PROJECT」として公開されました。
詳しい情報は、エイブルアート・カンパニーWebサイトからご覧ください!
project
2020/5/29

【東北事務局より】
令和2年度も継続「障害者芸術文化活動支援事業」と「仙台市文化プログラム」
障害者芸術活動支援センター@宮城(SOUP)および仙台市文化プログラムとして「SHIRO Atelier & Studio」を実施します。
障害者芸術文化活動に関する相談・支援、支援人材の育成、展示会・公演会、そして障害のある人もない人も参加できるアトリエ・スタジオの運営を進行中。
詳しくはSOUPのウェブサイトで順次お知らせします!
others
いのち・くらし・しごとのあり方に向き合う今。
2020/5/29

【新しい活動をスタート】
いのち・くらし・しごとのあり方に向き合う今。
【1】オンライン・サロンの配信~社会に生まれる新たな‘障害’とは?
福祉施設、非営利のオープンアトリエ、フリーランスの障害のある作家たち……。
当事者とその周辺のコミュニティが自らの今、戸惑い、そしてミライへの想いをFacebookライブ動画で発信する試み。
【2】自宅待機の状況下でも創作活動をスムーズに行うことができるのか。
オンラインツール活用のサポートやオンラインアトリエのあり方を試行し社会へ発信する試み
(Tik Tok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム)
others
2020/5/29

【情報発信協力】 福祉の現場にエールを送ろう!第2弾
生活をちょこっと豊かにするグッズ&活動
障害のある人が活動する福祉施設の現場も、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の視点から在宅での仕事を余儀なくされたり、物販の機会が失われて売上が激減し、工賃を支払えない状況が生まれています。
しかし、こんなときにも全国あちこちでエネルギッシュな活動も生まれています。
ぜひウェブサイトやSNSをみて、応援してください。
詳細ページにリンク先情報を掲載しました。
others
2020/6/9

【会員のみなさま、ご返信ください!】
2020年度通常総会のご案内
6月27日(土) 14:00-16:00
オンラインミーティングシステムzoomにて
2019年度の事業報告(案)と活動計算書_決算(案)
2020年度の事業計画(案)と活動計算書_予算(案)
◆大切なお願い◆
総会は正会員の2分の1以上の方の出席(委任状を含む)が必要です。
議案書を6月9日に郵送しましたので、内容をご確認のうえ、
6月22日(月)までに必ず出欠(ご欠席の場合は委任状または書面評決)のご返信をお願いいたします。
others
2020/3/30

【報告書が公開されました】
48時間デザインマラソンおかやま
障害のある人とデザイナーが取り組む48時間デザインマラソン。
地域行政×NPO×スポーツ/観光産業が協働する事業が、2年目となる岡山で花開きました!
エイブル・アート・ジャパンは2018年度から企画・運営に協力しています。
報告書が公開されました。ぜひご覧ください。
「Ki-Bi Lab.2020障害者アートとビジネスに関する報告書」

主催:岡山県備前県民局
主管:特定非営利活動法人ハートアートリンク
project
2020/4/28

【報告】
2019年度 仙台市文化プログラム
2019年度「仙台市文化プログラム」として仙台市で実施した「SHIRO Atelier & Studio -ともにつくる芸術劇場-」の活動をご報告します。
文化施設を活用した定期的な活動として実施したアトリエと人形劇であわせて9本のレポートを掲載。ぜひご覧ください。
*20年度も採択され、現在、オンライン上でのアトリエ&人形劇を試行実施しています。
詳細は追って報告します!
project
2020/4/28

【報告】
平成31年度 障害者芸術文化活動普及支援業務@宮城
厚生労働省補助事業「平成31年度障害者芸術文化活動普及支援業務」として、宮城県内で実施した1年間の活動をご報告します。
2014年から活動するSOUP(障害者芸術活動支援センター@宮城)のウェブサイトにとびます。
研修と展示会であわせて6本のレポートを掲載。ぜひご覧ください。
*20年度も採択され、現在、オンライン上での研修の準備に入っています。
詳細は追って報告します!
others
2020/4/28

いのち・くらし・しごとのあり方に向き合う今。
文化活動は人びとのつながりを維持し、こころに栄養をあたえる大切な活動です。
とりわけ情報通信環境の整備については、お困りの個人や施設も多く見受けられます。
メールや電話(070-5041-6043:平日10:00-18:00)を活用してご連絡ください。 ぜひご覧ください。
company
2020/2/28

【報告】
映画「37セカンズ」ポスターチャレンジ授賞式に参加しました!
【映画絶賛公開中】
ベルリン国際映画祭2部門受賞の話題作、脳性まひをもつ主人公、ユマの葛藤と成長を描いた作品。
2月7日(金)より新宿ピカデリーほかで全国絶賛公開中!
公式サイト http://37seconds.jp/
【報告】
関連企画として、エイブルアート・カンパニーのアーティストが本作をイメージして描いた「ポスターチャレンジ」を実施し、ポスター作品を募集しました。
その中から各賞が選出され、1月29日には特別試写会および授賞式が行われました。
詳細ページでレポートをご覧ください。
others
2020/2/28

【情報発信協力】
カバンには夢を、クッキーには笑顔のスパイスを。福島から未来を届けます。
魔法のお菓子「ぽるぼろん」はシナモン風味、4月までの冬季限定
縁起菓子「ふくふく」は4種入りで“しあわせ”
デニムのカバンには「leave no one behind(誰ひとり置き去りにしない)」のメッセージ
NPO法人しんせいは、東日本大震災・原発事故後の福島で13の福祉事業所と協働し、障害のある人たちの仕事づくり、仲間づくりを進めています。
福島の希望を込めたお菓子や雑貨をぜひご利用ください。
お求めはYahoo!ショッピングで簡単便利! 詳細ページでレポートをご覧ください。
project
2019/6/14

【参加者募集中!】
身だしなみと基本のスキンケア&メイク講座
ハーバー銀座館の定例講座
●チャレンジコース(第15回)
日時:2020年3月8日(日)14:00-16:00
会場:ハーバー銀座館3階セミナールーム(東京メトロ銀座駅A1出口徒歩1分)
募集人数:各コース10名
参加費:1,350円(税込)/1名(料金を改訂しました)
参加申し込みの受付を開始しました!
講座詳細や過去のレポートは詳細ページをご覧ください。
others
2020/3/3

【情報発信協力】
宮城山形交流事業「みやぎ・やまがたニューカマー」展
2月10日(月)-3月22日(日)10:00-17:00
ぎゃらりーら・ら・ら(山形市諏訪町1-2-7)
会期中無休・入場無料
今年で3回目となる、宮城と山形の作家の交流展。今回は宮城から5人、山形から6人の作家たちを紹介します。
作品だけでなく制作背景や作家プロフィールなど、作家たちを取り巻く環境もお伝えします。
主催:やまがた障がい者芸術活動推進センター ぎゃらりーら・ら・ら
project
2020/2/5

【東北事務局より】
フリーペーパー「じょうほうスウプ」ができました
宮城・仙台エリアの、障害のある人が参加できる文化施設&アートスペースをまとめたフリーペーパーを発行しました。
東北事務局や掲載団体、宮城県内の特別支援学校等で配布中!
アートの力をより多くの人に感じてもらいたいと、障害の有無に関わらず、みんな一緒に活動できるプログラムを提供している人や場所をたくさん掲載しています。
ぜひ、みなさんも訪れて、そして参加してみてください。
others
2020/2/28

【情報発信協力】
知財学習プログラム報告セミナーin関西「障害者アートと知的財産権」
3月31日(火)17:30-20:00(受付17:00-)
たんぽぽの家アートセンターHANA(奈良市)
参加費:1,000円(知財ハンドブック付)
※新型コロナウイルス予防対策のため当初予定(3/5)を延期して実施します。
創作をする上で避けて通れない「著作権」「知的財産権」に関わる知識。
本セミナーでは、教育分野やクリエイティブ産業などの最新事例のトークやゲーム体験をとおして、これからの知財のいかし方を学び合います。
皆様のご参加をお待ちしています。
others
2020/2/28

【中止】
南東北・北関東ブロックフォーラム「アートでひろがり、ふくらみ、つながる」
[新型コロナウイルス予防対策のため中止となりました]
3月2日(月)13:00-17:00
山形テルサ(山形市双葉町1-2-3)
参加無料
厚生労働省令和元年度障害者芸術文化活動普及支援事業
厚生労働省では2017年度より障害者芸術文化活動普及支援事業を実施し、障害のある方の表現活動の支援を実施してきました。 中でも一番の変化は、アート活動を通じて障害のある方が関わる世界の幅が広がったことではないでしょうか。
そんな魅力ある活動をもっと多くの方に知ってもらいたいと思います。
others
2019/11/25

【メルマガ登録案内】
メールマガジン「エイブル・アート ニュース」配信について
現行のメールマガジン配信サービスのサービス終了に伴い、新たなサービスに移行します。

再登録および新規登録をご希望の方は、次のフォームよりメールアドレスをご登録ください(無料)。
メルマガ登録
gallery
2019/12/23

【企画協力】
ART BRUT ハンカチーフ原画展「ハンカチの中の物語」
1月10日(金)-13日(月祝)、
16日(木)-19日(日)、30日(木) 12:00-18:00
A/A gallery
入場無料
20人の障害のあるアーティストの作品をもとに、20種のハンカチを作りました。
絵本のページを開くように、ハンカチの中に描かれたそれぞれの物語をじっくりと楽しんでください。
原画を元にしたハンカチも展示・販売。ちょっとした贈り物にも最適です。
主催:ダブディビ・デザイン
協力:NPO法人エイブル・アート・ジャパン
others
2019/11/25

【情報発信協力】
IoTとFabと福祉 国際シンポジウム
2020年2月1日(土)13:00-17:20
※展示は12:00〜
日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
コンピュータ以外のモノがインターネットでつながるIoTや、3DプリンタなどカスタマイズしやすいFab(ものづくり)技術。
これらを活用して、個々の個性に合った暮らしや、異なるニーズをもつ人たちが共生する社会づくりについて考えます。
イスラエルIKEAや英国のデザイン教育など、第一線の実践者が来日します。
others
2020/1/27

【情報発信協力】
知財学習プログラム報告セミナー「障害者アートと知的財産権」
2月21日(金)17:00-20:00(受付16:30-)
TIME SHARING秋葉原
参加費:1,000円(知財ハンドブック付)
創作をする上で避けて通れない「著作権」「知的財産権」に関わる知識。本セミナーでは、教育分野やクリエイティブ産業などの最新事例のトークやゲーム体験をとおして、これからの知財のいかし方を学び合います。
皆様のご参加をお待ちしています。
project
2019/12/23

【東北事務局より】
障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市 「きいて、みて、しって、見本市。」
2月2日(日)-5日(水) 10:00-18:00(初日は14:00から/最終日は15:00まで)
せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
入場無料
障害のある人が表現活動を行う場や機会を探している、企業や行政の担当者、アーティストなどが新しい表現を探しているなど、さまざまなヒントや出会いの場として見本市フェスティバルを開催します。
近年多様な広がりを見せている宮城県内の活動団体が集まります。ご来場をお待ちしております!
※写真は昨年度開催の様子
company
2020/1/27

【最終年スタート!】
JAGDA つながりの展覧会 Part 3 フレフレハンカチ
会期:1月17日(金)-2月18日(火) 11:00-19:00
会期中無休・入場無料
東京ミッドタウン・デザインハブ
3年目のコラボとなる2020年は、応援旗としても使える172柄の「フレフレハンカチ」が出来上がりました。
初日には、アーティストのSeiyamizuさんもパラリンピアンやデザイナーを迎えたトークイベントに参加します。
ぜひお越しください(要申込)!
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
企画運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)
協力:エイブルアート・カンパニー
company
2020/1/27

【2/7全国公開】
映画「37セカンズ」にポスターチャレンジで参加しました!
《映画》
2月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開
《ポスター展示》
1月20日(月)より新宿ピカデリーにて展示(終了)
ベルリン国際映画祭2部門受賞の話題作、脳性まひをもつ主人公、ユマの葛藤と成長を描いた映画「37 Seconds」。
映画を盛り上げるため、エイブルアート・カンパニーのアーティストも映画のシーンを描くポスターチャレンジに参加しました。
新宿ピカデリーにお越しの際は、ぜひ入賞ポスターもご覧ください!
project
2020/1/27

【ご好評につき会期延長!】
他薦による“表現のようなもの”の展覧会「レコメン堂」
1月10日(金)-2月1日(土)のうち金土日
13:00-20:00(最終日16:00まで)
※1月25日(土)は18:00まで一部鑑賞不可
東北リサーチとアートセンター[TRAC]
入場無料
スケッチ、手芸、小説、写真、絵画、手仕事、冊子、語り、うた、音楽、行為、場づくり、まだ呼び名のないものなど、さまざまな“表現のようなもの”たち。
レコメンド《他薦》の視点を通して、新しい価値に出会ってみませんか。
主催:やわらかな土から、せんだいメディアテーク(公益財団法人仙台市市民文化事業団)
企画:やわらかな土から
company
2019/10/28

【募集開始!】
エイブルアート・カンパニー第12期登録作家
障害のあるアーティストのイラスト・絵画をデザイン等のしごとにつなげる「エイブルアート・カンパニー」の第12期登録アーティストを募集します!
締め切り:2020年1月10日(金)必着
エイブルアート・カンパニーは、現在113人の登録作家と共に事業を進めており、この度、第12期登録作家を募集する運びとなりました。
関心のある方は要項をご覧のうえご応募ください。お待ちしています!
others
2020/1/1

新年あけましておめでとうございます。
本年も、皆様にとって幸多き年になりますようお祈りいたします。
日本がオリンピックに湧く本年も、小さくても大切なことを見失わないよう、ねずみの視点!?で活動をしていきたいと思います。
年末年始休暇
東京事務局・東北事務局
2019年12月28日(土)-2020年1月5日(日)
イラスト:佐々木英明さん

「エイブル・アートニュース」メルマガ登録もよろしくお願いします!