TOP > トピック一覧 > project > 川崎市市民ミュージアム 見える人・見えない人 一緒に楽しむ鑑賞会
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、すぐに出られない場合もございます。)

News
2018/11/28
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
12月は12/8(土)のみ開催します。
年明けは、2019年1/12(土)と 1/26(土) に開催します。
開設日カレンダーのご案内
事務所スタッフ不在で電話対応が難しい日が多いため、 開設日カレンダーをNews欄の上に設置しました。
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、他の電話対応や少し席を外していることもあり、 出られない場合もございます。ご了承ください。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)
東北事務局移転のお知らせ
9月1日より、エイブル・アート・ジャパン東北事務局は 「東北リサーチとアートセンター(TRAC)」内に移転しました。
◆移転先◆
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目
3−22第五菊水ビル3階 (東北リサーチとアートセンター内)
※電話番号は変更ありません。
***********************************
 このたびの北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

viewing support
川崎市市民ミュージアム開館25周年記念教育普及事業
柴川敏之|2000年後の今に触れる☆プロジェクト|PLANET TACTILE 関連イベント

見える人・見えない人 一緒に楽しむ鑑賞会

開館25周年記念教育普及事業 柴川敏之|2000年後の今に触れる☆プロジェクト|PLANET TACTILE

2000年後に発掘された現代社会をテーマに、ユニークな制作活動を続けている現代美術作家の柴川敏之さんを迎え、触れる展覧会を作りあげます。英語で触知を意味するTactile(タクタイル)を冠した本展では、市内の特別支援学校(川崎市立養護学校、同田島養護学校、同聾学校)の児童・生徒たちがワークショップで制作した作品、市民ミュージアムの収蔵品、そして柴川さんの作品が一堂に会します。「今」に生きる私たちにとっての「昔」と、「未来」に発掘された「今」。時代を飛び越え、コトバと五感で鑑賞する展覧会を目指します。
(公式HPより)

詳しくはこちらをご覧ください。川崎市市民ミュージアム≫

鑑賞プログラム 「見える人・見えない人 一緒に楽しむ鑑賞会」

視覚に障がいがある人とない人が、対話をしながら鑑賞するプログラム です。

内容・日時 ※2パターンあります

展覧会鑑賞プログラム(本展覧会のみ)
①2013年9月22日[日] 10:00~12:00

展覧会+市民ミュージアム鑑賞プログラム(本展覧会+市民ミュージアムのみどころ)
②2013年9月1日[日] 13:30~16:30
③2013年9月22日[日] 13:30~16:30


対象・定員:各回、視覚に障がいがある人5名、視覚に障がいがない人10名
料金:無料
コーディネーター:特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン

■お申し込み方法
メール又はFAXで、イベント名「鑑賞プログラム」、参加者の氏名、参加希望日時(①~③)、視覚障がいの有無、年齢、住所、電話番号、FAX番号(FAXでお申込みの場合)、同伴者の有無(視覚に障がいがある方の場合)を明記の上、お申込みください。 尚、視覚に障がいがある方で、メール等をお使いでない方は、お電話でご応募ください。
締切:各回、実施の1週間前
メール 25museum@city.kawasaki.jp
FAX 044-754-4533  電話 044-754-4500(代)
画像をダウンロード 画像をダウンロード