TOP > トピック一覧 > project > てつがくカフェ@せんだい×とうきょう 「東京で/東京から震災を問い直す」
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
News
東京モノづくりサロン~福祉がつくる暮らしの未来シンポジウム2018
9月30日実施予定のシンポジウムは、台風24号の影響により以下の日時に延期となりました。
日時:2018年11月23日(金・祝)10:00-16:00
場所:東京都港区(予定) * 東京ウィメンズプラザ(渋谷区) から変更 (詳細は決まり次第お知らせいたします。)
開設日カレンダーのご案内
事務所スタッフ不在で電話対応が難しい日が多いため、 開設日カレンダーをNews欄の上に設置しました。
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、他の電話対応や少し席を外していることもあり、 出られない場合もございます。ご了承ください。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)
東北事務局移転のお知らせ
9月1日より、エイブル・アート・ジャパン東北事務局は 「東北リサーチとアートセンター(TRAC)」内に移転しました。
◆移転先◆
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目
3−22第五菊水ビル3階 (東北リサーチとアートセンター内)
※電話番号は変更ありません。
***********************************
 このたびの北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/8/29
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/7/27
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
7/28(土)のアトリエ・ポレポレは台風接近のため中止になりました。 次回の開催は8/11(土)です。
2018/7/25
夏期休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り夏期休業とさせていただきます。
東京事務局、東北事務局:
2018年8月13日(月)~16日(木)
***********************************
 このたびの西日本地域における地震・豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/6/29
東京事務局休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパン東京事務局は、スタッフ研修のため下記の通り休業とさせていただきます。
2018年7月9日~2018年7月11日
緊急のご連絡は、
 TEL.070-5041-6043
までお願いいたします。
2018/6/13
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/5/30
会員の皆様にお詫びとお知らせ
平素よりエイブル・アート・ジャパンの活動にご理解をいただき,ご支援してくださっている会員の皆様に心より御礼申し上げます。
このたび送付させていただきました第8回会員総会の資料の中に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。
ご訂正くださいますようお願いいたします。
---------------訂正箇所---------------
2018年度総会(第8回)審議資料2-1 3ページ
<誤>(1)第8回通常総会の開催
日時:2017年6月17日(土)13:00~14:15
<正>(1)第8回通常総会の開催
日時:2018年6月23日(土)13:00~14:15
-------------------------------------------

サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
てつがくカフェ @せんだい×とうきょう
第2回テーマ : 震災を生きる私たちにとっての<東京>とは

てつがくカフェ@せんだい×とうきょう

2011年3月11日の東日本大震災後、「震災」に注目し、対話がおこなわれている「てつがくカフェ@せんだい」。 当たり前に存在している日常を「問い」を通して改めて見つめ直しています。
今回の震災から生まれた「問い」は、もちろん東北だけのものではなく、日本、世界に投げかけるものであり、 また原発等の影響を考えても、今後も取り組まなければならない「問い」です。

このたび「てつがくカフェ@せんだい」の「問い」の流れに続く形で、東北ではなく東京で、 震災という<出来事>を対話のなかで語りなおす場として てつがくカフェを開催し、主に首都圏の方々と対話を深めていきたいと考えています。

2月1日に行われた初回で紡ぎだされたテーマを元に、第2回の「てつがくカフェ」を開催します。
ぜひ、ご来場ください。

■日時:2014年4月26日[土]  14:00~16:00 (開場:13:45頃)
■場所:A/A gallery  ※NPO法人エイブル・アート・ジャパン内
(第1回とは場所が変わります)
■進行:井尻貴子 (カフェフィロ)
■参加費:1,000円 (当日支払い)
■お申し込み・お問い合わせ方法
sendaixtokyo*gmail.com(担当:栗原) *を@に変更してください。
お名前、電話番号を明記の上、申込、またはお問い合わせください。
申込後キャンセルされる場合は、恐縮ですが上記アドレスにご一報ください。

※会場では飲食物の販売はございません。
■主催:てつがくカフェ@せんだい×とうきょう実行委員会
■協力:NPO法人エイブル・アート・ジャパン、カフェフィロ

http://sendaixtokyo.jimdo.com/
facebookページ https://www.facebook.com/sendaixtokyo

第1回レポート

2014年2月1日。
東日本大震災以後、「震災」に注目し、対話がおこなわれている「てつがくカフェ@せんだい」の流れに続く形で、<東京>で、「てつがくカフェ@せんだい×とうきょう」の第1回が行われました。

当日、14時より秋葉原にある、エイブルアートジャパンの会場をお借りして、集まったのは、参加者13名、スタッフ4名の計17名。
第1回の司会は、てつがくカフェ@せんだいのメンバー、西村高宏さん。
西村さんは、まず仙台で震災をテーマに約30回にわたり対話してきて、約3年経ってようやく、被災地の仙台ではなく、東京で話すことができたという「語りづらさ」「負い目」について、紹介されました。

そこから会場から、一人ひとりが、3年前の大震災発生時、自分がどこで何をしていたか、どんな気持ちだったか、そして今どんな気持ちになっているかが語られ始めました。

参加者は東京、関東だけでなく、仙台、愛知の方もいらっしゃり、被災地との自分の物理的・心理的距離のこと、それぞれの生活の場において、震災から時間が経つことに対して起こる自分の感情、経験などが様々な角度から、率直に語られました。

そこから、今度は、気になる「キーワード」を探す対話、 最終的には、今後、”この”「てつがくカフェ」で話し合う 具体的な<問い>の形にするための対話が行われました。 その過程で、皆が<東京>という場を意識して<震災>を 語ることに関心があるということを再確認しました。

この<問い>の形にする作業は、参加者にとって少し難しい 課題でしたが、最終的に以下のテーマに落ち着きました 「震災を生きる私たちにとっての<東京>とは」。

参加者の声としては、 「少し難しかったが、今後も楽しみ」「有意義な話し合いができた」などの意見が寄せられました。また仙台のてつがく経験者からは「仙台とは話の質が違うことが新鮮」などの感想もありました。

次回は、4月26日開催となります。