TOP > トピック一覧 > others > 【参加者募集!】第4回 手話は伝達手段をこえる?!−美術と手話プロジェクトの試み−
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
News
東京モノづくりサロン~福祉がつくる暮らしの未来シンポジウム2018
9月30日実施予定のシンポジウムは、台風24号の影響により以下の日時に延期となりました。
日時:2018年11月23日(金・祝)10:00-16:00
場所:東京都港区(予定) * 東京ウィメンズプラザ(渋谷区) から変更 (詳細は決まり次第お知らせいたします。)
開設日カレンダーのご案内
事務所スタッフ不在で電話対応が難しい日が多いため、 開設日カレンダーをNews欄の上に設置しました。
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、他の電話対応や少し席を外していることもあり、 出られない場合もございます。ご了承ください。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)
東北事務局移転のお知らせ
9月1日より、エイブル・アート・ジャパン東北事務局は 「東北リサーチとアートセンター(TRAC)」内に移転しました。
◆移転先◆
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目
3−22第五菊水ビル3階 (東北リサーチとアートセンター内)
※電話番号は変更ありません。
***********************************
 このたびの北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/8/29
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/7/27
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
7/28(土)のアトリエ・ポレポレは台風接近のため中止になりました。 次回の開催は8/11(土)です。
2018/7/25
夏期休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り夏期休業とさせていただきます。
東京事務局、東北事務局:
2018年8月13日(月)~16日(木)
***********************************
 このたびの西日本地域における地震・豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/6/29
東京事務局休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパン東京事務局は、スタッフ研修のため下記の通り休業とさせていただきます。
2018年7月9日~2018年7月11日
緊急のご連絡は、
 TEL.070-5041-6043
までお願いいたします。
2018/6/13
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/5/30
会員の皆様にお詫びとお知らせ
平素よりエイブル・アート・ジャパンの活動にご理解をいただき,ご支援してくださっている会員の皆様に心より御礼申し上げます。
このたび送付させていただきました第8回会員総会の資料の中に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。
ご訂正くださいますようお願いいたします。
---------------訂正箇所---------------
2018年度総会(第8回)審議資料2-1 3ページ
<誤>(1)第8回通常総会の開催
日時:2017年6月17日(土)13:00~14:15
<正>(1)第8回通常総会の開催
日時:2018年6月23日(土)13:00~14:15
-------------------------------------------

サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

others
【参加者募集!】第4回 手話は伝達手段をこえる?!−美術と手話プロジェクトの試み−
【参加者募集!】第4回 手話は伝達手段をこえる?!−美術と手話プロジェクトの試み−

ちらしはコチラ

「アートとソーシャルデザイン」研究会
テーマは、参加のデザイン。

 日本各地で起きている「障害×アート」の先駆的でユニークな取り組みを紹介し、
ソーシャルデザインのための新しいヒントをみつける情報交流の場です。

2016年3月に開催したフォーラムの後、より丁寧に活動の立ち上がり、活動の方法、
活動の意義、活動を通じた社会の変化を確認したいとご要望をうけてきました。
そこで2017年度は、プログラムごとにじっくりと話をする場を設けることとしました。

今年度のテーマは「参加のデザイン」。
個性と熱意に満ちた実践者たちと交流しながら、障害のある人と一緒に芸術文化を通じて、
人と社会の可能性を探ってみませんか。
みなさまの参加をお待ちしています。

主催:NPO法人エイブル・アート・ジャパン
協力:一般財団法人たんぽぽの家
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

---------------------------------------

第4回
手話は伝達手段をこえる?!
美術と手話プロジェクトの試み

2017年8月26日(土) 14:00-17:00 (13:30開場)
会場:アーツ千代田3331 A/Agallery(2F)


 2016年1月23日、東京都庭園美術館で「もしもガレがガラス職人に手話で指示を出したとしたら」というワークショップが行われました。
美術と手話プロジェクトと東京都庭園美術館による協働の企画です。
美術鑑賞において聞こえない人は、「見ることができるから特別な配慮は必要ない」と思われがちですが、美術館には、聞こえないことによる不便がさまざまにあります。
例えば、受付などでコミュニケーションがスムーズに行かない、音声ガイドやガイドツアーは話が聞き取れない・聞き取りにくい、美術用語の手話が少ない、などです。
 東京都庭園美術館では、そうした当事者のグループとともに課題をわかちあい、その後、この企画の協働に至りました。
ワークショップではガラス職人の専門用語を表す、新しい手話の表現を作りました。
用語を曖昧に理解していては手話の表現を作ることができません。
手話を作ろうとする過程で、難しい専門用語の意味が丁寧に解き明かされ、聞こえない人にとってだけでなく、聞こえる人の理解もまた深まりました。
美術と手話プロジェクトの実践を通して、多様な人が楽しむことができるアートのあり方やその可能性について考えます。

話題提供者
 八巻香澄 さん
 東京都庭園美術館学芸員
 1978年福島県生まれ。東京大学美学藝術学専修課程卒業。
ミュージアムマネジメントのための各種リサーチや展覧会実務などの経験を経て、2006年より現職。
2014年度から新たにラーニング・プログラム「ようこそ あなたの美術館へ」を立ち上げ、来館者の美術館体験をより能動的にするデザインを模索している。

美術と手話プロジェクト
 「聞こえない人・聞こえにくい人」にとっての美術鑑賞へのニーズを広く伝え、美術・美術館の楽しみ方を探求している。
鑑賞プログラムの整備、美術用語の手話化、種々のワークショップ、美術館等への企画協力などを行なっている。

---------------------------------------

対象:障害のある人、芸術文化関係者、福祉・医療関係者、行政関係者、企業関係者、教育関係者、NPO関係者、学生等。
定員:30人
参加費:一般2,000円、学生1,500円、エイブル・アート・ジャパン会員1,000円
    ※当日、会場にて直接お支払いください。

お申し込み方法:電話、FAX、E-mail、郵送またはウェブサイト上の申し込みフォームから
       下記のお申し込み事項①~③をお知らせください。
  ①お名前 ②ご所属先・活動内容
  ③連絡先(住所/電話、Fax、E-mailのいずれか)

お申し込み締切:2017年8月19日(土)
      なお、定員になり次第、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。

お問い合わせ・お申し込み先:
 NPO法人エイブル・アート・ジャパン
 〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14アーツ千代田3331 #208
 電話 03-5812-4622 Fax 03-5812-4630
 E-mail:office@ableart.org

*申し込みフォームはこちら

障害に関わるサポートについて
 手話通訳が必要な方は、開催の2週間前までにお知らせください。
その他、セミナー参加において必要なサポートがあればNPO法人エイブル・アート・ジャパン事務局まで
お気軽にご連絡ください。