TOP > トピック一覧 > gallery > シリーズ「存在と生活のアート」展覧会「SUPERPOSITIVE~世界への愛着~」
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
赤い丸印の日が電話対応が可能な日です。(すぐに出られない場合もございます。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)です。

News
2019/7/30
東京事務局/東北事務局とも、次の期間を夏季休業とさせていただきます。
2019年8月10日(土)-18日(日)
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

gallery
シリーズ「存在と生活のアート」展覧会
「SUPERPOSITIVE~世界への愛着~」
存在と生活

社会の基盤が崩れ、人間の存在そのものが揺らいでいる今、アートの分野から新しい概念が生まれ、「人間が生きる」をさまざまな形でみせる取り組みが始まっています。
A/A galleryでは「知識と技術のアート」や「直観のアート」とは異なる、「存在と生活のアート」を紹介します。「存在と生活のアート」とは、存在のサインをアートで増幅した時にあらわれるもうひとつの見方、感じ方、気づきです。 表現された「モノ」だけではなく、そこから生まれる「コト」も含めて成立する世界。それらの多くは美醜を超えた語り得ぬもの。それらを語り得ぬままきちんと見せることが、これまでにないアートかもしれません。
それらと遭遇することによって、私たちが揺さぶられる中で錆(さ)びた知覚が目覚めるのです。新しい知と新しい美の地平から生まれるアートを楽しんでください。

会期:2013年3月14日[木]-3月24日[日]
木曜~日曜のみ開廊
時間:11:00-19:00

「SUPERPOSITIVE〜世界への愛着〜」
魂をこめて作る小さな箱、儀式のように画用紙の上に並べられる画材。なんとも名付け得ない、日々の行為の数々を積極的に肯定すること。揺さぶられるのは、私たちの常識です。

■主催:NPO法人 エイブル・アート・ジャパン
■企画:財団法人たんぽぽの家

展示風景

展示風景   展示風景
     
展示風景   展示風景