TOP > トピック一覧 > project > 【終了しました】〈六本木アートナイト関連企画〉インクルーシブ・アートプログラム
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2022/9/5
*東京事務局開室日のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京事務局は在宅業務を基本とし、当月の開室日は次の通りといたします。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
・9/1(木)、8(木)、15(木)、22(木)、29(木) 11:00-17:00
*変更する場合があります
●閉室時のご連絡方法
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。

●宅配便や郵便物のお送りについて
お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【終了しました】〈六本木アートナイト関連企画〉インクルーシブ・アートプログラム
【終了しました】〈六本木アートナイト関連企画〉インクルーシブ・アートプログラム

3月19日(土)、20日(土)、21日(月祝)の連休に全国から、障害の有無やその種別に関わらず、20~60代以上の様々な人たちが参加してくださいました。

「アートナイトTALK~鑑賞のいろいろ~」では、視覚に障害のある鑑賞人2人と美術館学芸員による軽やかなトークをYouTubeで生配信しました。
当日の配信では80人、10日間の限定アーカイブでは105人、延べ185人がご視聴くださいました。
「言葉でたのしむオンライン鑑賞会」は2作品の現代アートを見えない鑑賞人たちと一緒に楽しみました。
当日は昼の部に8人、午後の部に9人の方がご参加くださり、それぞれの感じたこと、考えることなどお話が盛り上がりました。
「手話と身体でたのしむオンライン鑑賞会」では、“音”をテーマに手話や身体を通じて表現する“サインコミュニケーター”たちと作品を鑑賞しました。
9人の方がご参加くださり、手話や身体の表現を用いながら感想を伝え合い、共に作品を楽しみました。

インクルーシブ・アートプログラムの詳細につきましては、後日、改めて報告書を公開いたします!
公開された際には、ぜひご覧ください。

[連携]厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業