TOP > トピック一覧 > project > 【協働事業・宮城県山元町】JR山下駅前に巨大な壁画が登場?!
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2022/9/5
*東京事務局開室日のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京事務局は在宅業務を基本とし、当月の開室日は次の通りといたします。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
・9/1(木)、8(木)、15(木)、22(木)、29(木) 11:00-17:00
*変更する場合があります
●閉室時のご連絡方法
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。

●宅配便や郵便物のお送りについて
お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【協働事業・宮城県山元町】 JR山下駅前に巨大な壁画が登場?!
【協働事業・宮城県山元町】JR山下駅前に巨大な壁画が登場?!

宮城県・山元町に生まれた新星★NPO法人ポラリスがすすめる壁画プロジェクト。
「被災地山元町が元気になるアートプロジェクト」がテーマです。
エイブル・アート・ジャパンは、この駅に隣接する壁画の制作支援をしています。


NPO法人ポラリスは2015年春、山元町に完成した新しいNPOです。
山元町社会福祉協議会・山元町共同作業所工房地球村のメンバーと元スタッフが設立発起人となり完成しました。
前・工房地球村施設長田口ひろみさんが代表をつとめ、メンバーは地域の産業と連携した仕事に従事、一方で表現活動を基軸にした仕事おこしにも取り組んでいます。

JR常磐線の移転復旧工事がすすむ山元町。
新しい山下駅、坂元駅の完成は2016年内の予定です。
地域の皆さんもNPO法人ポラリスの関係者も、この駅の復旧をとてもワクワクして待っています。

2015年、NPO法人ポラリスは、山下駅の隣に建設を進めているスーパーマーケット「フレスコキクチ」からお話を頂き、壁画制作の仕事の機会をいただきました。
ポラリスにとっては、「アート」で地域に貢献する絶好のチャンスです。
しかし、駅のロータリーとスーパーとの間に作る高さ2m、長さ35mの塀はこれまでの仕事のスケールをこえるもの。
そこで、エイブル・アート・ジャパンは、この駅に隣接する壁画の制作を支援することになりました。

活動のテーマは、「被災地山元町が元気になるアートプロジェクト」です。
NPO法人ポラリスは、「障害を持つ人も持たない人も共に素敵に生き、はたらける地域社会作り」の一歩を皆さんとの協働ですすめようと日々、活動しています。
それは、障害を持つ人も持たない人も、共に考えあって町のシンボルを作り上げて行った時、山元町はより魅力的になることを信じているからです。

写真は2015年11月に開催した住民とのワークショップの様子。
プロデューサーには、長年エイブル・アート・ジャパンの活動と協働してきた、京都のデザイナー福井恵子さんをお招きしました。
さて、どんな壁画になることやら。
この秋に、乞うご期待!