TOP > トピック一覧 > gallery >存在と生活のアート vol.8「うふっ。どうしちゃったの、これ!?~埼玉県の作家たち」
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2022/8/1
*東京事務局開室日のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京事務局は在宅業務を基本とし、当月の開室日は次の通りといたします。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
・8/4(木)、9(火)、18(木)、25(木) 11:00-17:00
*変更する場合があります
●閉室時のご連絡方法
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
・8/11−15は夏季休業いたします。
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。

●宅配便や郵便物のお送りについて
お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

gallery
シリーズ「存在と生活のアート」vol.8
「うふっ。どうしちゃったの、これ!?~埼玉県の作家たち」
存在と生活8

表現されたモノだけではなく、そこから生まれる「コト」も含めて立ち現れるアート。
「人間が生きる」をさまざまな形で見せるシリーズ展です。

会期:2013年8月29日[木]-9月15日[日]
木曜~日曜のみ開廊
時間:11:00-19:00 ※9月13日は17:00まで

2012年12月に開催された、埼玉県内の障害のある人たちの表現を集めた展覧会「うふっ。どうしちゃったの、これ!?」展より出展作品をピックアップしました。 従来のアートのカテゴリーを超えて、思わず笑ったり、しみじみしたり、驚いたりしてしまうユニークな作品たち。 どうしても表現せずにはいられなかった者たちから生まれた「どうしちゃったの、これ!?」の魅力を存分に味わってください。

協力:埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会事務局

【出展作家】
阿部香織 木谷章紀 斉藤勇真 佐々木孝志 柴田裕治 なお丸 福島尚 逸見亮介 緑川悠貴 箕田哲実

「うふっ。どうしちゃったの、これ!?」展
埼玉県内の障害者アートの現場を支える人材や若い世代の育成、仲間づくりを目的に、 施設職員や学生などのメンバーが、アートディレクターの中津川浩章さんによるワークショップを通して企画・運営された展覧会。 埼玉県障害者アートフェスティバルでは2013年も障害者アートの企画展を開催予定。

障害とアート研究会

シリーズ「存在と生活のアート」vol.8 「うふっ。どうしちゃったの、これ!?~埼玉県の作家たち」関連トークイベント

昨年度の「うふっ。どうしちゃったの、これ!?」展でディレクションを担当された中津川浩章さんと、 企画・運営を一緒に行った「埼玉県障害者アートマネージメントワークショップ」のメンバーを中心に、 展覧会づくりを通して見えてきたことを、福祉施設と地域の2つの目線から話し合います。

日時:2013年9月7日[土] 15:00~
参加費:500円(1ドリンク付)

●NPO法人エイブル・アート・ジャパン
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14
アーツ千代田3331♯208
TEL.03-5812-4622  FAX.03-5812-4630
http://www.ableart.org/
●財団法人たんぽぽの家
〒630-8044 奈良県奈良市六条西3-25-4
TEL.0742-43-7055 FAX.0742-49-5501
http://www.popo.or.jp

■主催:NPO法人 エイブル・アート・ジャパン
■企画:財団法人たんぽぽの家