TOP > エイブル・アート・アワード > 2009年度支援
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2017/9/1
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2017/8/1
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
夏季休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り夏季休業とさせていただきます。
ご不便をお掛けいたしますが、ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
東京事務局・東北事務局
8月11日(金)〜8月16日(水)
★エイブルアート芸術大学からのお知らせ.
8月のエイブルアート芸術大学は第1日曜日の6日に開催します。
13日ではありませんので、お間違いのないようご注意ください。
2017/6/30
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2017/6/7
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2017/5/19
「まぶしいヒカリ、雨の予感。」展 のご案内
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、A/AgalleryでStudio FLAT所属の精鋭メンバーによる「まぶしいヒカリ、雨の予感。」展を開催します。
出展作家は以下6名。
 岡田貴之、宮本憲史朗
 小林祥平、清井了支
 半澤真人、平田貴子
彼らのみずみずしい表現を堪能できる展示会となっております〜。
Art Fairは3日間だけの開催です!アートに興味がある、アートを買ってみたい、作品を間近で見てみたい。FLATのファンだ!
どんなみなさまも、お待ちしております。是非、お越しください。
--------------------
「まぶしいヒカリ、雨の予感。」
会期:2017年5月19日(金)〜21日(日)11:00-20:00
会場:A/Agallery
東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 208
2017/3/21
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2017/5/2
ゴールデンウィーク休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り休業とさせていただきます。
東京事務局・東北事務局
5月3日(水)〜5月7日(日)
2017/3/21
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
★アトリエポレポレからのお知らせ
4月のポレポレは、4月8日と15日が活動日になります。お間違えのないようご注意ください。
2017/2/5
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
★エイブルアート芸術大学からのお知らせ.
1月8日(日)アトリエ終了後の17:30頃から材料、飲み物持ち寄りで鍋パーティを行います。
奮ってご参加下さい!
2016/12/21
年末年始休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り年末年始休業とさせていただきます。ご不便をお掛けいたしますが、ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
東京事務局:
12月28日(水)〜1月4日(水)
東北事務局:
12月28日(水)〜1月4日(水)
★アトリエポレポレからのお知らせ
12月のポレポレは、12月10日(木)の1回のみで、 この日は忘年会・報告会になりますので、 体験をご希望の方は1月以降にお願いいたします。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

エイブル・アート・アワード 2009年度支援先

11年目を向かえた2009年度のエイブル・アート・アワードには、全国から制作支援の部に30件、展覧会支援の部に11件、合計41件の応募がありました。 制作支援の部は支援先5件に、協賛企業であるマツダ油絵具(株)よりアクリル絵の具(現物)が寄贈される「マツダ油絵具賞」の2件となりました。アクリル絵の具を有効にお使いいただき、活動の幅が拡がっていくことを期待しています。
障害者自立支援法の影響から、福祉の現場で、収入に結びつかないアート活動を継続することは非常に困難になってきていることを実感しています。しかし、全てが経済的価値で計られる社会の流れの中にあって、一見意味がないようにみえる表現活動にこそ、もっとも大事にしなければならない営みなのではないかと感じます。障害のある人たちの表現活動が、障害のあるご本人にとってはもちろん、社会全体にとっても深い意味を投げかけていることを、これからもエイブル・アート・ムーブメントを通して発信していきたいと思います。
また、展覧会支援に入選された「松尾由佳」さんの展覧会を12月21日から26日まで銀座のガレリア・グラフィカbisで開催します。是非足を運んでいただけたらと思います。今後もより充実した支援をめざし、このプログラムを続けていきたいと思っています。そのためには新たな支援者、支援企業が必要です。皆さまからのご支援や支援に関するアイデア、情報提供もお待ちしています。

■ 制作支援の部 (応募件数=30件 支援件数=5件+2件)
・社会福祉法人南山城学園 和 けやき寮(京都府城陽市)
・NPO法人精神障がい者自立支援ネットワーク・宮崎もやいの会障がい者写真集団「えん」
 (宮崎県宮崎市)
・NPO法人聖公会生野センター クリモダン美術教室(大阪府大阪市)
・福祉作業所「夢ふうせん」(兵庫県神戸市)
・社会福祉法人みぬま会 川口太陽の家 サンだいち (埼玉県川口市)

*制作支援の支援先には10月に10万円が振り込まれ、画材の購入に充てていただきます。直接制作に関わることであれば使途は自由。 この資金をきっかけにさらに自由で豊かな表現活動が行われることを期待しています。

■ マツダ油絵具賞 (提供:マツダ油絵具株式会社)

制作支援の部の選考にあたって、最終選考まで残りながら支援対象とならなかったグループで、アクリル絵の具での表現が有効と思われた2つのグループに対して協賛企業であるマツダ油絵具(株)よりアクリル絵の具(現品)が贈られるものです。アクリル絵の具を有効にお使いいただき、活動の幅が拡がっていくことを期待しています。

・地域デイグループ オリーブ(東京都八王子市)
・わーくはうす すてっぷ(群馬県前橋市)
■ 展覧会支援の部 (応募件数=11件 支援件数=1件)
松尾 由佳さん
松尾 由佳さん (福岡県久留米市)
>展覧会の詳細はこちら
■ 選考者/立ち合い人
高橋 直裕(世田谷美術館学芸員)
サイモン 順子(アートカウンセラー)
中津川 浩章(美術家)
滝川 潔(富士ゼロックス端数倶楽部)
松田 貴子(花王株式会社、花王ハートポケット倶楽部)
AYURA(ジャズ・ヴォーカル、世田谷美術館さくら祭実行委員会)
■ 選考評
サイモン 順子(アートカウンセラー)
今年度の応募数は30件と例年とほぼ変わらなかったですが、その内容は多岐に渡ってきたことに驚きました。同時にエイブル・アート・アワードの活動自体への期待も広まってきたことになります。
マイノリティといわれる人々が、アート活動を通して社会とどう向き合って行くかを選択することの難しさを感じました。しかし、それには応募用紙に記載されたこと(添付資料も含めて)だけで選考するもどかしさもあります。活動内容はもちろんですが、応募された代表者の方の熱意のようなものが伝わってくる団体が選ばれる傾向にあります。
今回5件中4件は割にスムーズに決まったのですが、最後の1件は少々揺れました。議論の末、神戸の福祉作業所「夢ふうせん」に決まりましたが、アート活動の視点のみで考えると少々力不足のように感じます。アートの視点や利点をもっと取り入れ、より充実した活動に発展することを期待します。個人的な意見なのですが、さをり織りでは、糸にこだわらず色々な素材の裂き織りなど、布の感触をたのしみながら、視覚にたよらない感触による織りものがあってもよいのではないでしょうか。
高橋 直裕(世田谷美術館学芸員)
今年の「展覧会支援の部」の応募件数は11件。昨年の33件という数に比べると3分の1でした。例年のことながら、多様な表現の作品を通して、作家さんそれぞれの個性が感じられ、障害のある方々の芸術活動の多様性と拡がりを感じました。しかし、応募数の少なさも影響しているのか、昨年の高いレベルでの激戦に比べると、やや穏やかで、美術界や社会にインパクトを与える、強い個性を感じさせるものは少なかった様に思います。
その中で、今回のアワードに選ばれた松尾由佳さんの作品はやはり群を抜いていました。松尾さんは一昨年から3年連続応募されていますが、作品の密度と完成度が年々向上しています。優れた色彩感覚と抜群の画面構成力は以前より注目すべきところでしたが、更に技術力がつき絵に厚みが出てきました。しかも爽やかな印象はこれまでも変わることなく、水彩画の持つ清明な特徴を遺憾なく発揮しています。今後の展開が大いに期待できる作家だと言えるでしょう。
今回惜しくもアワードには選ばれませんでしたが、谷本光隆さんの作品も注目を浴びました。コラージュによって人物を描いていますが、どれもしっかりとした重みを感じる充実した作品になっています。しかも比較的大作であるにもかかわらず、画面構成に隙が無く、程よい緊張感が作品全体を引き締めています。絵画作品としては大変レベルが高い仕事をされていますが、欲を言えばもう少し温和な雰囲気が画面にあれば、作品の存在感がより出てくるように思います。次回も応募されることを期待しています。
中津川 浩章(美術家)
「制作支援の部」
各施設やグループやNPOでつくっている作品にとても興味を覚えました。作品は能弁です。見ていると、テキストでのプレゼンテーション以上に制作されているその場所がどんなところなのかが見えてくる気がしました。次回は是非作品写真をできるだけ添付してほしいと思いました。また、今回は写真を使ったアプローチなど、一般的には決して新しくないのですが、障害を持った方々にとって新しい表現方法を模索する試みに可能性を感じました。写真というメディアでしか照らされない「何か」が確実にあるからです。そして、盲ろうのグループ「福祉作業所夢ふうせん」のさをり織りの活動には率直に制作へのお手伝いになればと感じました。
こんな時代ですから、どんな施設もグループも運営してくことは厳しく大変だと思います。資金があったらこんなことや、あんなこともできそうだと考えるのは当然のことだと感じます。ただ、前回の選考評にも同じようなことを書きましたが、展開ではなく、制作支援の原点は一人ひとりの制作や表現したい欲求をお手伝いしたいということだと思います。目には見えない人間の感覚の拡がりや深まり、そして思いの強さなどが、目に見えること・ものとして現れてくることの大切さがすべてのはじまりだと思います。
そのはじまりの場所に絵具などの画材が足りないということは、残念なことだと感じました。歩き出せば様々な出会いがあります。魅力的な作品が生まれてくれば、きっと物事は動き出すことでしょう。
ただ、魅力的な作品をつくることだけを直線的に目的化すると別な大切な物事を見失う可能性があります。あせらずじっくり取り組んでいってほしいと強く感じました。

「展覧会支援の部」
今回のアワード支援対象は松尾由佳さんに決定しました。松尾由佳さんは前回、前々回と最後まで選考の対象に残りながら選考から外れてしまった方ですが、それにもめげることなく応募していただき本当にうれしく感じました。作品は風景や犬など、作者の日常的なものごとを比較的小さい画面に水彩絵具によって表現しています。そのリズミカルなタッチは綿密で構成的ですらあるのですが、重さや息苦しさがなく、透明感と叙情性が、拡がりと深みをもちながら同時にやってきます。また色彩も豊かでニュアンスに富んでいます。作者の生きている時間が、絵の中に幾重にも重なり、独特のスタイルを生み出されたのでしょう。控えめな作品のもつ強さが、今回は花開いた気がします。素晴らしい作品に出会うことができうれしく、実物を見るのがとても楽しみです。
また今回、他に印象的だったのは谷本光隆さんの作品です。人物を独特の色彩で描いているのですが、現代アートでは失われつつある描くことや美術のもつデモーニッシュな底力が作品に潜んでいる感じです。絵を見ていると、ザワザワと私の中の暗い感覚が動き出しました。こういった作品はとても貴重だと思いますから、このことにめげずに制作を続けていってほしいです。
私が選考に参加させていただいた前回、前々回、そして今回もアワード支援対象の作品は障害者のアートというカテゴリー(こんなものがほんとうにあればですが)とは、関係なくアートとして充分自立できる素晴らしい作品でした。そういった意味で作品のレベルが上がってきています。ただそのためかどうかはわかりませんが、応募件数が少なかったことが残念です。あまり先回りを考えないで、積極的に応募してほしいと感じました。
滝川 潔(富士ゼロックス株式会社 CSR部/端数倶楽部事務局長)
「制作支援の部」
全国から寄せられた30数件の応募内容を見て、あらためて、この賞に対する期待の大きさと選考の重みを感じました。同時に応募書類と一部の作品などの資料だけで判断することの難しさを感じました。1、2の団体はその活動のユニークさや活動の成長などで目にとまるのですが、(例えば盲聾の方が織りを通して生き甲斐を見いだしている活動は初めて知りました)その次の段階となると、上位5団体を選ぶプロセスを拝見していてとても難しいと感じました。ただ、それが単に規模や実績だけでなく、団体の考え方(思い)や同封された利用者さんの生き生きとした表情も選考のポイントなのだということもわかり、そのことには共感できました。今回受賞された5団体+2団体が受賞を機にいっそう充実した活動を続けられることを期待します。

「展覧会支援の部」
2年前から3回続けて選考会に参加させていただいていますが、その頃からずっと強い印象を受けていて、いつかこの方がという思いがありましたので、今回松尾由佳さんが選ばれてとても嬉しく思います。一見なにげない風景を描いた細密な水彩画の全体から細部をじっと凝視すると、そこにいろいろなものが現れてくる、これは当時から変わっておらず、私にはすごい個性に映ります。もう一人谷本光隆さんの絵もその青色を帯びたグレーの色調とコラージュで描かれた人物像が全体として独特な雰囲気を醸し出していて、これもとても印象に残りました。展覧会ではどのような作品が並ぶのでしょうか。12月の展覧会が今からとても楽しみです。
松田 貴子(花王株式会社/花王ハートポケット倶楽部)
昨年に続き今年も選考会へ参加させていただきました。今年は写真や手話など様々な表現方法で芸術へ取り組む活動が増えたことが印象的でした。選考にあたっては申請された方々がどのような思いでどのような活動をされているのか、申請書類からしか見て取ることができないので、人に伝えることの大切さと難しさを感じるとともに、選考する責任を感じました。
展覧会の部は昨年選考に難航を極めた松尾由佳さんが受賞されました。これまで写真でしか拝見したことがなかったので12月に作品を鑑賞できることになり、今からとても楽しみです。エイブル・アート・アワードを通じて多様な芸術活動をご支援することができ大変嬉しく思います。
AYURA(ジャズ・ヴォーカル/世田谷美術館さくら祭実行委員会)
昨年に続いて今年も選考会に参加させていただき、多くの素晴らしい作品及び活動グループの存在を知ることが出来ました。

制作支援部門では、さをり織を習得して作品を作っている盲ろうの方たちのグループ「夢ふうせん」がとても印象に残りました。指先の感触を頼りに制作されているのでしょうが、配色などはどのように選んでいらっしゃるのでしょう? 貴重な活動をされているのに社会の中に埋もれてしまっている団体は全国にまだまだいくつもあることと思います。応募してきてくださることで私たちもその存在を知ることができ、なおかつ必要と思える支援をお送りできるので、今後積極的な応募を期待したいと思います。

展覧会支援部門では 昨年に引き続き応募してきてくださった松尾由佳さんが今年は見事に受賞されました。提出された作品は女性なら誰でも「まあ 綺麗!」と声を発してしまうでしょう。緻密で多彩な色使いは昨年に比べてさらに洗練されたように伺えました。

また、松尾さんとともに最終選考に残られた谷本光俊さんの「人物像」はすごい迫力で、ぜひ来年再び挑戦をしていただきたいと思いました。
松尾さんもそうですが、昨年の受賞者の東美名子さんも二度、三度と応募してきてくださるたびに力を伸ばされていったのが作品から感じられました。谷本さんの来年の作品をぜひ拝見したいと思います。

過去の支援先