TOP > エイブル・アート・アワード > 2002年度支援先
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2020/5/28
*NPO法人エイブル・アート・ジャパン/エイブルアート・カンパニー東京事務局について
新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、スタッフを在宅勤務としています。
この期間は「A/Aギャラリー」も閉室させていただきます。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
●期間:2020年4月10日(金)~当面のあいだ
●6月の開室日:6月4日(木)、18日(木)、24日(水) 11:00~17:00(変更する場合もあります)
●ご連絡の方法
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。
・法人へのご連絡の際は、以下にお願いいたします。
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
●宅急便や郵便物のお送りについて
一部の内容は転送設定をしておりますが、お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。
個別に対応方法を協議させていただきます。
(2020年5月27日現在)
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

エイブル・アート・アワード 2002年度支援先

9月12日、5回目を迎えるエイブル・アート・アワードの選考会が協会事務局にて行われ、今年度の支援先が決定しました。
今回は制作支援・展覧会支援ともに過去最多の応募数となり、応募先も全国各地から新しいグループや個人の方も多くみられ、改めてアワードを続けていくことの意味の大きさを実感しました。また、福祉施設や作業所以外での取り組みが、急速に増えていることも実感し、障害のある人たちの表現の場が地域の中に拡がり始めていることを感じます。 昨年残念ながら該当なしという結果になった「展覧会支援の部」は、今回はひときわ光る作品が多く、選考者からは「去年応募してくれていたら!」と惜しむ声があがっていました。
将来的には、これまで支援対象となっていない、パフォーミングアートへの支援も実現させたいと考えています。もちろん、支援先を増やすことも重要な課題です。より充実したプログラムとなるようさまざまな努力をしていきたいと考えています。そのためにも、企業、団体、個人の方からのご支援もお待ちしております。

■ 制作支援の部 (応募数=40件 支援数=5件)
・アートキューブ(北海道網走市)
・んだんだ(山形県東賜置郡)
・ルンビニー園 美術工芸班(栃木県足利市)
・あとりえHopper(京都府京都市)
・新明塾(京都府京都市)

*エイブル・アート・アワードは、大成建設の寄付金により運営されています。
*制作支援の支援先には10月に10万円が振り込まれ、画材の購入に充てていただきます。直接制作に関わることであれば使途は自由。 この資金をきっかけにさらに自由で豊かな表現活動が行われることを期待しています。

■ 展覧会支援の部 (応募数=19件 支援数=1件)
清水 慶武さん
清水 慶武さん(嵐山四季の家/埼玉県比企郡)
>展覧会の詳細はこちら
■ 選考者/立ち合い人
橋本 安弘(大成建設総務部社会交流センター)
サイモン 順子(アートカウンセラー/エイブル・アート・ジャパン理事)
高橋 直裕(世田谷美術館学芸員)

過去の支援先