2 【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム / ABLE ART JAPAN エイブル・アート・ジャパン
TOP > トピック一覧 > project > 【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2021/05/31
*東京事務局開室日のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京事務局は在宅業務を基本とし、開室日は次の通りといたします。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

4/25より緊急事態宣言の発出中は閉室
●閉室時のご連絡方法
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。

●宅配便や郵便物のお送りについて
お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム
【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム

私たちNPO法人エイブル・アート・ジャパンは、4月上旬に関連する障害児者および支援者(家族・福祉施設等)にアンケート・ヒアリングを実施しました(*)。

そこで明らかになったのは、感染症にかかりやすい・感染症に関する知識を正しく理解し、予防することに困難を抱える障害児者は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、多くの人が在宅利用または自宅待機をしていたことでした。

これにより他者との接触や社会的なつながりが失われ、本人の心身の不調や支援者のストレス、また在宅障害者の孤立の様子がみえてきました。

今、社会では、感染症の影響が長期化し「新しい行動様式」が求められていますが、障害特性や教育機会の少なさ、成人については所得の低さからオンラインでのコミュニケーションや情報の獲得には課題がある人も多数おり、社会の変化に対応できていないのが現状です。

そこで、現在、障害のある人やその支援者がオンラインを利活用し、今後の「新しい生活様式」を構築するためのきっかけとする活動をはじめました。

これとあわせて、 まもなくスタートするアンケート調査に、ご協力をお願いします。

*4月上旬に実施したアンケートのハイライト

【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム

【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム

【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム

【注目事業】TikTok新型コロナウイルス緊急支援助成プログラム

データビジュアライゼーション:アドビ株式会社 前井 梓さん