TOP > トピック一覧 > project > 【会員活動紹介】波止場てつがくカフェ 特別企画「震災後文学を東京で読むこと」
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、すぐに出られない場合もございます。)

News
2018/11/28
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
12月は12/8(土)のみ開催します。
年明けは、2019年1/12(土)と 1/26(土) に開催します。
開設日カレンダーのご案内
事務所スタッフ不在で電話対応が難しい日が多いため、 開設日カレンダーをNews欄の上に設置しました。
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、他の電話対応や少し席を外していることもあり、 出られない場合もございます。ご了承ください。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)
東北事務局移転のお知らせ
9月1日より、エイブル・アート・ジャパン東北事務局は 「東北リサーチとアートセンター(TRAC)」内に移転しました。
◆移転先◆
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目
3−22第五菊水ビル3階 (東北リサーチとアートセンター内)
※電話番号は変更ありません。
***********************************
 このたびの北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【会員活動紹介】波止場てつがくカフェ 特別企画「震災後文学を東京で読むこと」
【会員活動紹介】波止場てつがくカフェ 特別企画「震災後文学を東京で読むこと」

チラシはこちら  

第 17 回波止場てつがくカフェ
 特別企画 
 「震災後文学を東京で読むこと」
 [特別企画] “読んで対話する" こころみ

 東日本大震災から6年半。風化させない、忘れない、といいながらも、否応もなく震災の記憶は抜けていくと実感します。
たとえ「東日本」に暮らしているのであっても、とりわけ生活の基盤が、あっという間に以前の日常を取り戻した「東京」にあるのなら。

地震とそれに続く原発事故については、怒濤のような報道に続いて、たくさんのドキュメンタリー映画が制作され上映されました。
その後、震災はフィクションの題材にもなっていき、映画や、そして「震災後文学」と呼ばれる一群の文学作品も登場しています。

それらを見たり読んだりすることで、被災地から離れた場所に住むわたしたちも、震災そのものや、被災するとはどういうことかについての一部を知ることができます。
そしてそれぞれの立場から、何らかの思いを抱くことと思います。

が、いざそれらの作品を前に何かを語ろうとすると、どんな言葉で何を語ればよいのか思いあぐね、口ごもったり黙ってしまったりする、そんなことはないでしょうか。
一体何がわたしたちをそうさせてしまうのでしょうか。

そこで、今回は震災を扱った作品を前にした「自分」について、話し合ったり聞き合ったりする、対話の場を作りたいと考えています。

対話の入り口として、震災後の福島をテーマに小説を発表し続けている作家・志賀泉さんの最新作「花火なんか見もしなかった」をとりあげます。
これは読みやすい作品かもしれないけれど、もしかしたら感想を言いやすい作品ではないかもしれません。

わたしたちを口ごもらせるものがあるのだとしたら、それは作品の中にあるのか、わたしたちの中にあるのか。

そんなところから、話していってみたいと思います。


■日時2017年11月18 日(土)14 時~(17時30分終了予定)
 テキスト配布開始13 時
 開場13時30分
 開始14時

■場所エイブル・アート・ギャラリー
 千代田区外神田6-11-1 アーツ千代田3331 内#208
 TEL. 03-5812-4622
 ⇒地図はコチラ

■アクセス
 ・東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
 ・東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
 ・都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
 ・JR御徒町駅南口より徒歩7分
 ・JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
 ・JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩15分

吟醸掌篇 vol.2
■鑑賞作品
 志賀泉「花火なんか見もしなかった」(けいこう舎『吟醸掌編 vol.2』所収)

■参加費500円(テキスト代含む)

■申し込み先 hatoba.de.dialogue@gmail.com ※申し込み優先

■作家と作品の紹介
 志賀泉(しが・いずみ)
 1960 年、福島県南相馬市生まれ。福島県立双葉高校、二松学舎大学文学部卒。2004年「指の音楽」で第20 回太宰治賞受賞。著書に『TSUNAMI』『無情の神が舞い降りる』(筑摩書房刊)。震災後は福島を舞台にした作品を次々に発表。最新作「花火なんか見もしなかった」は、小学校を卒業する日に被災し、自分の根っこを断ち切られてしまった福島の少年少女たちの物語。また、福島を舞台にしたドキュメンタリー映画の制作にも携わっている。
ブログ「しがしま21」

■プログラム

【第一部】作家トーク&朗読 (ゲスト:志賀泉さん)
 作家自らに作品について語っていただきます。特別映像の上映も予定しています。

【第二部】てつがくカフェ
 「震災後文学を東京で読むこと」について、参加者で語り合い聞き合います。

※参加にあたって
 当日開始までにテキストを読んでからご参加ください。

1.当日13時よりエイブル・アート・ギャラリーにてテキストを配布します。
 → 好きな場所でお読みいただき、14時までに会場にお戻りください。

2.テキスト掲載の文芸誌「吟醸掌編 vol.2」を事前に購入することもできます。
 → amazon.co.jp または、けいこう舎(https://ginjosyohen.jimdo.com)にて販売。定価800円(消費税、送料別)。

波戸場てつがくカフェ

E-mail: hatoba.de.dialogue@gmail.com
twitter:https://twitter.com/hatoba_dialogue
Web: http://www.hatoba-de-dialogue.net