TOP > トピック一覧 > project > 【注目事業】平成29年 愛媛県障がい者文化芸術 アーツポンチえひめ
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、すぐに出られない場合もございます。)

News
2018/11/28
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
12月は12/8(土)のみ開催します。
年明けは、2019年1/12(土)と 1/26(土) に開催します。
開設日カレンダーのご案内
事務所スタッフ不在で電話対応が難しい日が多いため、 開設日カレンダーをNews欄の上に設置しました。
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、他の電話対応や少し席を外していることもあり、 出られない場合もございます。ご了承ください。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)
東北事務局移転のお知らせ
9月1日より、エイブル・アート・ジャパン東北事務局は 「東北リサーチとアートセンター(TRAC)」内に移転しました。
◆移転先◆
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目
3−22第五菊水ビル3階 (東北リサーチとアートセンター内)
※電話番号は変更ありません。
***********************************
 このたびの北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【注目事業】平成29年 愛媛県障がい者文化芸術 アーツポンチえひめ 活動報告掲載!
【注目事業】平成29年 愛媛県障がい者文化芸術 アーツポンチえひめ

チラシはコチラ

【注目事業】
平成29年 愛媛県障がい者文化芸術 アーツポンチえひめ

【活動報告】
平成29年 愛媛県障がい者文化芸術 アーツポンチえひめ
[開催日時]9月13日(水)・14日(木)10:00~18:00
[会場]エミフルMASAKI(愛媛県伊予郡松前町筒井850番)

9月13日、14日の二日間で開催された「愛媛障がい者文化芸術祭 アーツポンチえひめ」の活動報告です。
愛媛県民なら知らない人はいない!会場となったのはエミフルMASAKIという大きなショッピングセンター。
アーツポンチえひめでは、大きく4つの企画を実施しました。

【企画1:作品展示】
 愛媛県主催「愛顔ひろがるえひめの障がい者アート展」に応募いただいた作品の中から、入選作品などの一部を展示しました。
広い会場の中約90点作品展示。とても見応えのある展示となりました。
出展者の方も大勢来場し、支援者や家族と記念写真を撮る姿があちらこちらにありました。


 あわせてアート展に入選された方の表彰式も行いました。
愛媛県イメージアップキャラクター「みきゃん」も一緒に参加です。
受賞者のみなさんの晴れやかな笑顔、公募事業も活動の機運を高める重要な活動です。

【企画2:48時間デザインマラソン愛媛編】
 今回の目玉企画でもある「48時間デザインマラソン愛媛編」。
障がいのある人たちの描く絵画やデザインを手がかりに、地元愛媛のデザイナーと「脱みかん!様々な家族のカタチから考える新しい生活用品」をお題とした 商品開発のアイデアを4グループに分かれて企画・発表しました。


 多数応募のあった中から今回参加していただいた障がいのある人と初対面のデザイナーが限られた時間の中、みんな一丸となり作業を進めました。
そして2日目には、各グループの商品アイデアを発表!

 各グループのデザイナーによる熱いプレゼンテーションには、思わず聞き入ってしまいました。もっと聞いていたい!という方も多かったはずです。
その後、審査員による講評、賞の発表、そして記念撮影。今回の48時間デザインマラソン愛媛編は商品アイデア発表まででしたが、どのチームからも実際の「商品」になってもおかしくないアイデアが生み出され愛媛県の障がい者アートのパワーとクオリティを感じました。
参加者のアンケートを一部ご紹介します。

障がいのあるアーティスト:「すてきな出会いがたくさんあった。夢が広がり今後の活動にさらに力が入ります。チャレンジし続けたいと思います」、「もっともっといろんな場に出て絵を描きたいのでその支援をしてほしいです」、「(クリエイターさんに)出会えて良かった。会いに行きます。待っていてください」。

参加デザイナー:「何もわからないまま参加を決めましたが、新しいことにチャレンジすることは新しい気づきに出会えます。そして(アーティストに)出会えて理屈ぬきで尊敬できると思っています」、「今回のアイデア出しに終わらず、ブランディングし商品を市場に送り出すまでやらなければならないと思います」。

この場で出会った人たちとのつながりが、この先もつづき、別のカタチで「商品」として発表される事を期待しますし、それを伴走していきます。
参加者の皆さま、本当に2日間お疲れさまでした!


【企画番外編:48時間ライブペインティング】
 急きょ決定し事前予告なしに実施したライブペインティング。愛媛県在住の3人のアーティストにお願いをしました。
来場されたお客さまと会話をしながら描いたり、今まで経験した事のない空間での創作にチャレンジでしてもらいました。
予想外の大作に挑む人、48時間デザインマラソンのアーティストたちに刺激されてはじめて水彩絵の具で描きはじめた人、大勢の人に囲まれてもまったくペースを乱さず描きつづける寡黙な職人のような人など、3人3様。アーツポンチをまさしくはじけさせてくれたと思っています。
完成した作品は、急きょ、舞台で発表しました。


【企画4:商品販売会】

 作品展示と同じ会場で開催された商品販売会。
愛媛県の福祉施設からは10施設ご出店いただきました。
また全国の福祉施設で販売している商品やエイブルアートカンパニー登録アーティスト×企業のコラボ商品なども販売。
福祉施設の支援員さんなどが「今後の参考にしたい」と、熱心に商品を手に取りみている姿が印象的でした。
売場作りや接客を、愛媛県庁の職員の方にもお手伝いしていただきました。

【企画4:舞台発表】

 別会場では、『歌うボランティアわたぼうし』が、障がいのある方との交流や思い出を楽曲にして演奏。
お聞かせできないのが残念な位、素敵な歌声でした。またライブペインティング作品の発表時には進行もこなし、マルチな活躍をしていただき会場を盛り上げてくれました!

以上、盛り沢山の2日間をぎゅっとまとめた活動報告でしたが、このアーツポンチえひめを開催するにあたり、愛媛県の皆さま、多くの関係者の方々にご協力いただきました。
皆さまのご厚意のお蔭で無事終了することができました。
また会場にお越しくださったお客さまも、ありがとうございました!