TOP > トピック一覧 > project > 【参加者募集】SHIRO Lab. 48時間デザインマラソン 仙台市八木山動物公園編
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
***********************************
 このたびの北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/8/29
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/7/27
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
7/28(土)のアトリエ・ポレポレは台風接近のため中止になりました。 次回の開催は8/11(土)です。
2018/7/25
夏期休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り夏期休業とさせていただきます。
東京事務局、東北事務局:
2018年8月13日(月)~16日(木)
***********************************
 このたびの西日本地域における地震・豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/6/29
東京事務局休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパン東京事務局は、スタッフ研修のため下記の通り休業とさせていただきます。
2018年7月9日~2018年7月11日
緊急のご連絡は、
 TEL.070-5041-6043
までお願いいたします。
2018/6/13
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/5/30
会員の皆様にお詫びとお知らせ
平素よりエイブル・アート・ジャパンの活動にご理解をいただき,ご支援してくださっている会員の皆様に心より御礼申し上げます。
このたび送付させていただきました第8回会員総会の資料の中に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。
ご訂正くださいますようお願いいたします。
---------------訂正箇所---------------
2018年度総会(第8回)審議資料2-1 3ページ
<誤>(1)第8回通常総会の開催
日時:2017年6月17日(土)13:00~14:15
<正>(1)第8回通常総会の開催
日時:2018年6月23日(土)13:00~14:15
-------------------------------------------

サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【SHIRO Lab. トーク&ワークショップ】「障害のある人との協働による社会デザイン」
【SHIRO Lab. トーク&ワークショップ】「障害のある人との協働による社会デザイン」

SHIRO Lab.は仙台市域に暮らす障害のある人と地元デザイナーが、一緒に商品開発を行うプロジェクト。
9月27日・28日には、「48時間デザインマラソン」と題し仙台市八木山動物公園を舞台に、これまでになかったおみやげをつくり、その成果を障害のある人たちの経済的自立につなげようと試みます。

この48時間デザインマラソンに先立ち、関連企画を実施します。
ゲストのジュリア・カセムさんの主な研究テーマは「インクルージブデザイン」。
これは、平等と相互利益に基づく共同デザインプロセスを用いて、デザイナーと社会的弱者といわれる障害者や高齢者達との創造的なパートナーシップを開発するものです。
「障害者差別解消法」が本格施行された今、この機会に、まずはわたしたち一人ひとりが「障害とは?」「現代社会におけるデザインとは?」を考えてみませんか。
その先にきっと、障害のある人たちとの真の意味での豊かな協働や商品開発の可能性が広がっていくと考えています。
さまざまなバックグラウンドをもつみなさんが、TRUNKに集まることを願っています。

 ※チラシダウンロードはこちら


 【日時】  2016年7月30日(土)14:00~17:00 ※終了しました

 【会場】 TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING」
     〒984-8651 仙台市若林区卸町2-15-2 卸町会館5F
     仙台市営地下鉄東西線「卸町駅」下車、北1出口より徒歩6分
     車の場合、国道4号線バイパス「卸町交差点」から約3分。駐車場あり。(有料)

 【定員】 50人(申込み先着順)

 【参加費】 無料

 【対象】 デザイナー、行政関係者、教育関係者、NPO関係者、企業、障害のある人、障害のある人の家族・支援者等

 【主催】 NPO法人エイブル・アート・ジャパン

 【協力】 仙台市八木山動物公園、一般財団法人たんぽぽの家
     とうほくあきんどでざいん塾、TRUNK | CREATIVE OFFICE SHARING
     平成28年度仙台市市民協働事業提案制度


◆ジュリア・カセム Julia Cassim
 1984年から1999年まで、ジャパンタイムズ紙のアートコラムニスト。
2000年から2014年まで、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの「Helen Hamlyn Centre for Design」にて影響力のある「Challenge Workshops」プログラムを実施。
2010年には「デザインウィーク」 が実施する「デザインの世界に最も影響を与えた50人」に選ばれる。2014年より京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab. 特任教授。
 ゲストのジュリアさんは、芸術文化活動を通して障害のある人たちの社会参加をうながそうとする、私たちエイブルアートの活動にいつも新しいプログラムや思想をもたらしてくれました。
1990年代にはじまった、みえない人・みえにくい人との美術鑑賞もそのひとつ。
「インクルージブデザイン」では、社会的弱者といわれる障害者や高齢者達をデザインプロセスの中に巻き込む方法を見つけ、イノベーションや包括的思考(インクルーシヴシンキング)を喚起し、社会的弱者だけでなく全ての人々にとってよりうまく機能するプロダクトやサービス、コミュニケーション、そして環境をデザインすることを目標としています。
この概念の生まれた背景や考え方も学びましょう。