TOP > トピック一覧 > project > 【会員情報/参加者募集】 第13回てつがくカフェ 「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2020/7/28
*NPO法人エイブル・アート・ジャパン/エイブルアート・カンパニー東京事務局について
新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、スタッフを在宅勤務としています。 この期間は「A/Aギャラリー」も閉室させていただきます。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
●期間:2020年4月10日(金)~当面のあいだ
●8月の開室日:8/7(金)、8/12(水)*8/13から変更、、8/21(金)、8/27(木) 11:00~17:00(変更する場合もあります)
●7月の開室日:7/3(金)、7/9(木)、7/16(木)、7/21(火)、7/30(木) 11:00~17:00(変更する場合もあります)
●ご連絡の方法
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。
・法人へのご連絡の際は、以下にお願いいたします。
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
●宅配便や郵便物のお送りについて
開室日(=受取可能日)が限られていますので、お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【会員情報/参加者募集】
第13回てつがくカフェ 「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」

【会員情報/参加者募集】第13回てつがくカフェ 「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」

東日本大震災以後、「震災」に注目して行われている 「てつがくカフェ@せんだい」。
その対話の流れに続く形で、2014年2月、東京にて「てつがくカフェ@せんだい×とうきょう」がスタートし、今回で13回目を迎えます。
今回のテーマは「イベントを行うこと」。
初めての方も既にお越しいただいたことのある方も、ふるってご参加ください。

■日時:5月14日(土)14:00~16:00
■会場:A/A gallery(東京都千代田区外神田6-11-14アーツ千代田3331 #208 )
■進行:しばたはる (てつがくカフェ@せんだい)
■テーマ:
 「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」
■参加費:1,000円 (当日支払い、お茶代込)

■お申し込み・お問い合わせ方法
 sendaixtokyo*gmail.com(担当:栗原) *を@に変更してください。
 お名前、電話番号を明記の上、申込、またはお問い合わせください。
 申込後キャンセルされる場合は、恐縮ですが上記アドレスにご一報ください。

■主催:てつがくカフェ@せんだい×とうきょう実行委員会
■協力:NPO法人エイブル・アート・ジャパン、カフェフィロ

→終了しました。

【報告】2016年5月14日(土)/「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」 【会員情報/参加者募集】第13回てつがくカフェ 「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」 【会員情報/参加者募集】第13回てつがくカフェ 「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」

5月14日のてつがくカフェのテーマは「3.11から5年ーー<イベント>を行うということ」。会場の都合で、予定とは異なる別の「会議室」に変更して実施しました。

当初、本テーマのきっかけとなった1月のてつがくカフェに出た「問い」を振り返ることから、対話をスタートしました。
そこから想起される、<イベント>について、考えました。

・出来事との境目がある
・混沌したものを、俯瞰するものである/日常的なものに位置付ける
・イベントには、参加する視点と、企画する視点がある。
・おカネが目的になると、意味が変わるかも
・時間が経つと、意味が変わる

次にその中から、キーワードを探し出す作業です。
「いやし」(イベントを行うことにより得られる)
「評価」「教訓」「記憶」「メッセージの伝え方」「企画」「参加」などが出てきました。

そして「問い」の設定。

・どういうイベントなら風化されないで記憶に残るか
・私たちはイベントをしないで生きていられるか
・イベントを行うことで「記憶」を「いやし」に変えられるか
・私たちはイベントを何のために行うのか
・私たちのどのような行為が記憶に残るのか

「問い」を考えながら、<イベント>自体の定義づけについても考えていく過程で対話を終了しました。