TOP > トピック一覧 > project > 【協働事業・宮城県南三陸町】 メモリアルアート・のぞみの森
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
News
東京モノづくりサロン~福祉がつくる暮らしの未来シンポジウム2018
9月30日実施予定のシンポジウムは、台風24号の影響により以下の日時に延期となりました。
日時:2018年11月23日(金・祝)10:00-16:00
場所:東京都港区(予定) * 東京ウィメンズプラザ(渋谷区) から変更 (詳細は決まり次第お知らせいたします。)
開設日カレンダーのご案内
事務所スタッフ不在で電話対応が難しい日が多いため、 開設日カレンダーをNews欄の上に設置しました。
※赤い丸印の日が電話対応が可能な開設日。(ただし、他の電話対応や少し席を外していることもあり、 出られない場合もございます。ご了承ください。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)
東北事務局移転のお知らせ
9月1日より、エイブル・アート・ジャパン東北事務局は 「東北リサーチとアートセンター(TRAC)」内に移転しました。
◆移転先◆
〒980-0804
宮城県仙台市青葉区大町2丁目
3−22第五菊水ビル3階 (東北リサーチとアートセンター内)
※電話番号は変更ありません。
***********************************
 このたびの北海道地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/8/29
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/7/27
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
7/28(土)のアトリエ・ポレポレは台風接近のため中止になりました。 次回の開催は8/11(土)です。
2018/7/25
夏期休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り夏期休業とさせていただきます。
東京事務局、東北事務局:
2018年8月13日(月)~16日(木)
***********************************
 このたびの西日本地域における地震・豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
***********************************

2018/6/29
東京事務局休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパン東京事務局は、スタッフ研修のため下記の通り休業とさせていただきます。
2018年7月9日~2018年7月11日
緊急のご連絡は、
 TEL.070-5041-6043
までお願いいたします。
2018/6/13
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/5/30
会員の皆様にお詫びとお知らせ
平素よりエイブル・アート・ジャパンの活動にご理解をいただき,ご支援してくださっている会員の皆様に心より御礼申し上げます。
このたび送付させていただきました第8回会員総会の資料の中に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。
ご訂正くださいますようお願いいたします。
---------------訂正箇所---------------
2018年度総会(第8回)審議資料2-1 3ページ
<誤>(1)第8回通常総会の開催
日時:2017年6月17日(土)13:00~14:15
<正>(1)第8回通常総会の開催
日時:2018年6月23日(土)13:00~14:15
-------------------------------------------

サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

project
【協働事業・宮城県南三陸町】 メモリアルアート・のぞみの森
【協働事業・宮城県南三陸町】 メモリアルアート・のぞみの森

2014年、南三陸町原産の蚕の繭を、南三陸町の植物で染め、一人ひとり、一本の糸を挽きました。
2015年、その糸で機をおりはじめました。

のぞみ福祉作業所は、東日本大震災後、3カ所目となる仮設の作業所で活動をしています。
2012年度から、アートワークショップを継続し、メンバーのアート作品が日々育ってきました。
それを生かした商品開発やアート作品の展示、町のイベントにワークショップで参加し、のぞみ福祉作業所はみずからの活動を地域に発信しています。






のぞみ福祉作業所には、いつも「地域の役に立つ作業所でありたい」という想いがあります。
チリ政府から南三陸町に寄贈されたモアイのイラストを活かしたタオルはヒット商品になりました。
また、震災後の感謝の気持ちをコンセプトにした「キモチのカタチ手すき紙」という手すき紙のシリーズは、その製法を多くの施設との共有財産にしたいと次のステージに活動をすすめています。
いずれも、エイブルアートと多くのクリエイターとの協働の歩みにより生まれた商品です。

そして、2014年度から、わたしたちは「のぞみの森」と名付けた活動をスタートしました。
奈良の染色家の寺川真弓さんととともに「ゆっくり・やさしく・ていねいに」を合言葉に、2018年の作業所再建に向けてメモリアートの制作に取り組んでいます。
これは、スピードや売り上げをあえて重視しない、もうひとつの創造活動です。
南三陸町原産の蚕の繭を、南三陸町の植物で染め、一人ひとり、一本の糸を挽きました。
2015年、その糸で機をおりはじめました。









2018年・のぞみ福祉作業所の再建に向けて、このメモリアートの制作もメンバー、職員、ご家族とゆっくりすすめていきます。
のぞみ福祉作業所の再建へご関心ある方は、ぜひお知らせください。
この事業は、公益財団法人パブリックリソース財団「アート&ヘルス基金」助成事業により実現しています。

◎染色家 寺川真弓さんからのメッセージーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

南三陸ののぞみ福祉作業所で2014年に繭から糸を挽くワークショップを始めました。
南三陸で収穫した繭を秋には背高泡立草、春には梅や桜などで染め、
のぞみさんのみんなで糸に挽き、個性豊かな色とりどりの糸ができました。
この2月には糸が布になる体験をしていただきました。
機の前で最初は緊張していた表情も、糸が布になる瞬間、素敵な笑顔になりました。
織りあがった布は新築されるのぞみさんの建物を飾る予定です。
南三陸の自然の恵と皆さんの豊かな個性がとけあい輝く布となることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆支援を募っています◆
のぞみ福祉作業所の再建への寄付や支援にご関心のある方は、エイブル・アート・ジャパン東京事務局までお気軽にご連絡ください。

◇東京事務局(柴崎)
 〒101-0021
 東京都千代田区外神田6-11-14
 アーツ千代田3331#208
 TEL:03-5812-4622 FAX:03-5812-4630
◇Email:office@ableart.org
◇Web:http://www.ableart/org/