TOP > トピック一覧 > others > 【会員活動紹介】“美しい”と“しあわせ”の在り処 個人コレクターの所蔵品によるエイブル・アート展
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
赤い丸印の日が電話対応が可能な日です。(すぐに出られない場合もございます。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)です。

News
2019/5/27
7月14日(日)のA/A芸大は、終了後に交流会を行います。
参加される方は1品持ち寄りでお願いします。
沢山のご参加をお待ちしています。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

others
【会員活動紹介】“美しい”と“しあわせ”の在り処 個人コレクターの所蔵品によるエイブル・アート展
【会員活動紹介】“美しい”と“しあわせ”の在り処 個人コレクターの所蔵品によるエイブル・アート展
 藤橋貴之「ケルン大聖堂」
【会員活動紹介】“美しい”と“しあわせ”の在り処 個人コレクターの所蔵品によるエイブル・アート展
 久田あず紗 自画像(岩橋真帆美氏蔵)

【終了しました】

 “美しい”と“しあわせ”の在り処
 第32回国民文化祭・なら2017 第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会・応援事業

[会期]2017年10月31日(火)~11月5日(日) 10:00〜18:00
[会場]アートスペース上三条(奈良市上三条町4)

エイブル・アート・ジャパン会員の川上文雄さんが個人で収集したコレクションを展示した「“美しい”と“しあわせ”の在り処」会期終了しました。


絵のコレクションをすることは、庭の草花や室内の植物を愛でるのに、どこか似ています。

展示替えは、四季折々の草花を楽しむようなものかもしれません。

生きた草花なら世話が必要です。

日常生活のなかで、毎日のように、その作品の前に立って眺めることができる。

美術館に出向いて作品を見るのとは違った楽しみです。

心がさざめき立つような作品をコレクションし、日々楽しむ。

来場者にもその気持ちを体感してもらう展覧会となりました。

---------------------------------

「第32回国民文化祭・なら2017
第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会・応援事業
共催・後援 エイブル・アート・ジャパン

“美しい”と“しあわせ”の在り処
個人コレクターの所蔵品によるエイブル・アート展

心がさざめき立つ作品との出会いを続けてきた。
その原体験は裏切られない。自宅の壁にかかった作品たちを見つめると、それぞれの線、色、かたちで、いつも私に応えてくれる。
見るたびに生き生きとして、古びることも衰えることもない。
いま、生きているということ… “美しい”と“しあわせ”の在り処。

エイブル・アート・ジャパン会員川上文雄のコレクション40点(絵画30数点,クラフト作品数点)を展示。
応援出展作品あり。

2017年10月31日(火)~11月5日(日)
会場:アートスペース上三条(奈良市上三条町4)
10時~18時 (最終日 16時まで)