TOP > トピック一覧 > gallery > 【展覧会報告】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
赤い丸印の日が電話対応が可能な日です。(すぐに出られない場合もございます。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)です。

News
2019/5/27
7月14日(日)のA/A芸大は、終了後に交流会を行います。
参加される方は1品持ち寄りでお願いします。
沢山のご参加をお待ちしています。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

gallery
【展覧会報告】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」
【展覧会報告】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」

A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」
 日常のなかにあざやかな色を見出す、3人の作家による展覧会

日 時:2018年6月1日(金)~6月24日(日)
    11:00-19:00(最終日は17:00まで)
    月・火・水定休日
会 場:A/A gallery(東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #208)
入場料:無料


本展は、宮城県在住の大竹徹祐・塗敦子・松浦繁による三人展であり、日常にあるモチーフのなかや作品制作の過程に、
色彩の豊かさや鮮やかさを見出す彼らのまなざしに着目するものです。
大竹は、食料品のパッケージやテレビ番組の映像、幼少期から使っている動植物の図鑑等をモチーフとし、色鉛筆やペンを
塗り重ね複雑な色を再現しながら、繰り返し描きます。

塗は、白黒写真と対峙し描いていく過程で自身のなかにイメージする色を紙の上に起こし、松浦は、
「地球」というテーマのもとに、素材となる木と向き合いながら形を彫り起こし、現れた形に導かれる
ように色をのせていきます。
彼らのまなざしを通して、私たちが日常を暮らす世界にあるはずの色たちに、出会い直す機会となれば幸いです。


■■関連イベント「ギャラリーツアーと映像上映」■■
6月23日(土)14:30-16:00 
 参加無料、要申込み(先着順)、定員20名

企画者によるギャラリーツアーと、出展作家である大竹徹祐と塗敦子の制作風景を記録した映像の上映を行います。

ナビゲーター:小森はるか(映像作家/NOOK)、瀬尾夏美(画家、作家/NOOK)

※お申込みは電話・FAX・メール(ofiice@ableart.org)
もしくは こちらのフォームから

「豊色の眼」展 活動報告
【展覧会情報】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」 【展覧会情報】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」
会期中は梅雨という時期もあり、雨がしとしととすっきりしないお天気の日も多かったですが、たくさんの方にご来場いただきました。

【展覧会情報】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」

【展覧会情報】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」

会場では作品展示と共に映像も上映されていて、作品制作の様子やご家族のお話など20分ほどの映像をとても熱心に見入られている方も多かったです。

【展覧会情報】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」 【展覧会情報】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」
6/15には出展作家の松浦さんがお母様と一緒にいらっしゃいました。
しばらく作品についてお話しして下さった後、上野にカレーを食べに行かれたそうです。
今回は松浦さんの通われている木彫教室の関係者の方もたくさんお立ち寄りいただきました。


■■関連イベント「ギャラリーツアーと映像上映」■■

【展覧会情報】A/A gallery第49回企画展「豊色の眼」

6/23の関連イベントでは本展キュレーターのNOOKの小森はるかさん(映像作家)、瀬尾夏美さん(画家、作家)が
作品や作家についてのお話や、出展作家の大竹さん、塗さんの制作の様子を上映しました。
当日は30名ほどの参加者にお集まりいただきまして、会場は満員御礼の中、トークがスタートしました。
瀬尾さんの作家に対する愛に満ちたほのぼのとしたお話と、絶妙に織り込まれるzine(作家紹介の小冊子)の
営業トークに会場の皆様は引き込まれていたようです。
おかげさまで、zineも予定数を超える売上となりました。
その後、小森さん制作の映像(大竹さん・塗さん)の上映があり、作家の制作の様子、環境、取り巻く空気感などを
垣間見ることが出来ました。