TOP > トピック一覧 > gallery > メディア4Youth 創作展 『ひとりで わくわく いっしょに わくわく』
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2020/9/28
*NPO法人エイブル・アート・ジャパン/エイブルアート・カンパニー東京事務局について
新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、スタッフを在宅勤務としています。 この期間は「A/Aギャラリー」も閉室させていただきます。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
●期間:2020年4月10日(金)~当面のあいだ
●10月の開室日:2(金)、8(木)、15(木)、21(水)、29(木) 11:00~17:00(変更する場合もあります)
●ご連絡の方法
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。
・法人へのご連絡の際は、以下にお願いいたします。
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
●宅配便や郵便物のお送りについて
開室日(=受取可能日)が限られていますので、お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

gallery
メディア4Youth 創作展
『ひとりで わくわく いっしょに わくわく』
media4youth

メディア4Youthは、様々な生きづらさを抱える女性と子どものための協働的表現活動です。写真、音、詩、パフォーマンス、ビデオ等、多種多様な表現に触れながら、人と人がゆるやかにつながり、参加者それぞれがエンパワーメントされることを目指しています。活動は7年目に入りました。
主な参加団体は、out of frame(表現系NPO)、サバイバルネット・ライフ(栃木県小山市でDV被害者支援を行う認定NPO)、ダルク女性ハウス(薬物依存症の女性のための回復施設)、杉並中三勉強会(杉並区の中高校生の居場所)の4つですが、そこには、大学関係者、学生ボランティア、アーチストらも関わっています。
活動の中心は月一回の表現ワークショップで、参加者の安全性を重視しているため、基本的にクローズドで行っています。しかし同時に、社会とのゆるやかなつながりを作ることも重要だと考え、参加者の心情や事情に配慮しながら、上映会、アート展、公開ワークショップ等の公開企画も行っています。この創作展も後者の一つです。
今回は、2012年度に取り組んできた協働的作品の一部(写真+フォトフレーム+映像)を披露します。限定的ではありますが、私たちの活動に触れていただき、表現の可能性を感じたり、社会的課題やそれらへの対応について一緒に考えていただければ嬉しいです。
なお、最終日3月31日14:00?16:00には、「わくわくPartty」を開催します。どなたでも参加可能です。お会いできるのを、楽しみにしています。

メディア4Youth代表 坂上 香

会期:2013年3月26日[火]-3月31日[日]
会期中無休
時間:11:00-19:00  ※初日は16:00から、最終日は16:00まで

展示風景

展示風景   展示風景
     
展示風景