TOP > トピック一覧 > gallery > 第22回企画展 A/A gallery セレクション展
エイブル・アート・ジャパンの事業

開設日カレンダー
赤い丸印の日が電話対応が可能な日です。(すぐに出られない場合もございます。)
緊急のご連絡はこちらまで。
 TEL.070-5041-6043
※星印はイベント実施日(クリックするとイベント名を表示)です。

News
2019/5/27
7月14日(日)のA/A芸大は、終了後に交流会を行います。
参加される方は1品持ち寄りでお願いします。
沢山のご参加をお待ちしています。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

gallery
第22回企画展
A/A gallery セレクション展
A/A gallery セレクション展画像

出展作家

川村紀子、齋藤裕一、谷本光隆、山野将志、松本倫子、三井啓吾、村山太一

4月6日~21日にアーツ千代田3331の一階メインギャラリーで開催された「コレクターフェア展」にあわせ、 川上文雄コレクションに関連する作家の作品を紹介させていただきます。 川上文雄さんは、エイブル・アートのコレクターとして15年にわたり作家と作品と、 そしてご自身の思索をめぐる旅をつづけてこられました。 川上さんのインスピレーションに触れながら、私たちA/A galleryからもみなさんに作品をご紹介させていただきます。 どうぞ春のひと時をお楽しみください。

コレクターフェア展によせて
「障害アートであることをわざわざ強調するのはどうか。作品のよさを純粋に味わうべきである」という考えがあります。 敬して遠ざけるための決まり文句にならなければいいのですが。すぐれた作品を集めてきたつもりの私には、別の思いがあります。 もし障害者アートしか存在しないとしても、十分に楽しくやっていけるかな。 “美しい”の原型がそこにあります。“美しい”果実の中心部分には“描くことのしあわせ”。 しあわせの中身・強度・表現はいろいろです。 “しあわせ”の作品たちが見つめるなか、あなたはその声を聞きながら、障害者アートという世界を踊っているかもしれません。 つぎはあなたのコレクション。
川上文雄

【川上 文雄】 千葉県市川市に生まれる。 1987年より奈良市民、奈良教育大学・教育学部の教員(社会科教育講座・政治学分野)。 2011年より奈良県障害者芸術祭の実行委員・運営委員。 日本ボランティア学会会員、アート・ミーツ・ケア学会会員、エイブル・アート・ジャパン会員。

会期:2013年4月6日[土]-4月21日[日]、2013年5月9日[木]-5月26日[日]
木曜~日曜のみ開廊
時間:11:00-19:00