TOP > トピック一覧 > award > 【注目の展覧会】第18回エイブルアート・アワード展覧会支援の部受賞者 中村真由美展
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2018/7/27
★アトリエ・ポレポレからのお知らせ
7/28(土)のアトリエ・ポレポレは台風接近のため中止になりました。 次回の開催は8/11(土)です。
2018/7/25
夏期休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り夏期休業とさせていただきます。
東京事務局、東北事務局:
2018年8月13日(月)~16日(木)
***********************************
 このたびの西日本地域における地震・豪雨で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

***********************************
2018/6/29
東京事務局休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパン東京事務局は、スタッフ研修のため下記の通り休業とさせていただきます。
2018年7月9日~2018年7月11日
緊急のご連絡は、
 TEL.070-5041-6043
までお願いいたします。
2018/6/13
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/5/30
会員の皆様にお詫びとお知らせ
平素よりエイブル・アート・ジャパンの活動にご理解をいただき,ご支援してくださっている会員の皆様に心より御礼申し上げます。
このたび送付させていただきました第8回会員総会の資料の中に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。
ご訂正くださいますようお願いいたします。
---------------訂正箇所---------------
2018年度総会(第8回)審議資料2-1 3ページ
<誤>(1)第8回通常総会の開催
日時:2017年6月17日(土)13:00~14:15
<正>(1)第8回通常総会の開催
日時:2018年6月23日(土)13:00~14:15
-------------------------------------------

アーツ千代田3331へのアクセスについて
最寄駅「末広町」の4番出口が現在工事中で使えません。
そのため、3番出口を出て、交差点を鯛焼き屋・サンクスのある方に渡っていただきますようお願いいたします。
2018/4/26
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
ゴールデンウィーク休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り休業とさせていただきます。
東京事務局・東北事務局
5月3日(木)〜5月6日(日)
2018/3/28
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/2/27
全国の展覧会・イベント情報を更新しました
2018/1/25
★エイブルアート芸術大学からのお知らせ
2月11日(日)のアトリエ活動終了後、鍋パーティを開催予定です。
例年同様、材料・飲み物・道具は全て持ち寄りです。
ふるってご参加ください!
2017/12/25
年末年始休業のお知らせ
NPO法人エイブル・アート・ジャパンは、下記の通り年末年始休業とさせていただきます。
東京事務局:
2017年12月29日~2018年1月8日
東北事務局:
2017年12月29日~2018年1月4日
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

award
【注目の展覧会】第18回エイブルアート・アワード展覧会支援の部受賞者 中村真由美展
【注目の展覧会】第18回エイブルアート・アワード展覧会支援の部受賞者 中村真由美展

【注目の展覧会】
第18回エイブルアート・アワード展覧会支援の部受賞者
中村真由美展

会期:2016年12月19日[月]-12月24日[土]
会場:ガレリア・グラフィカbis(東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階) →地図
時間:11:00-19:00 最終日は17:00まで
オープニングパーティー:12月19日[月] 17:00-19:00

主催:NPO法人 エイブル・アート・ジャパン
協賛・寄付:花王ハートポケット倶楽部、花王株式会社、富士ゼロックス端数倶楽部、富士ゼロックス株式会社、世田谷美術館さくら祭実行委員会(以上、展覧会支援の部)、松田油絵具株式会社、ターナー色彩株式会社(以上、画材支援の部)
特別協力:ガレリア・グラフィカ


中村真由美さんは、絵画も立体も手掛ける作家だが、今回受賞したのは絵画作品だ。
写真を参考に描いているが、彼女の対象のとらえ方は独特で、その絵はある強さをもって我々に迫り、ひきつける魅力がある。
今後の発表も楽しみな作家である。

真住貴子(国立新美術館主任研究員/本展コーディネーター)